本サイトを使用することにより、分析およびパーソナライズされたコンテンツと広告の表示を目的とした Cookie の使用に同意したものと見なされます。 詳細を表示

ヘルプ Windows Desktop

チャットのコマンドと役割について教えてください。

現在、Skypeの動作をP2Pベースのアーキテクチャからクラウドベースのシステムへとアップグレードする取り組みを行っています。グループチャットの開始時期によっては、チャットの動作が異なる場合があります。以下で、P2Pとクラウドベースのチャットの両方におけるチャットのコマンドと役割について詳しく説明します。使用しているチャットの種類をクリックしてセクションを展開し、チャットの操作性を向上させる使い方をご覧ください。

使用しているチャットの種類を確認するには、チャットウィンドウに「/get name」と入力してEnterキーを押します。グループ名の応答が「19:...」で始まる場合は、クラウドベースのチャットを使用しています。グループ名の応答が「#skypename...」で始まる場合は、P2Pベースのチャットです。

チャットコマンドを使用して得られる応答は、チャットの他のメンバーには表示されません。応答はコマンドを実行したユーザにのみ表示され、その送信元はSystemという名前のコンタクトです。

管理者、またはチャットの主催者(通常、チャットをセットアップすればこの役割が割り当てられます)であるユーザは、次の操作を行うことができます。

  • /kick [Skype 名]」と入力して、メンバーをチャットから削除できます。あなたか、他のチャットメンバーは後でこのメンバーを追加しなおすこともできます。
  • /setrole [Skype名] MASTER」と入力して、この許可をこのチャットの他のユーザと共有すると、他のメンバーとモデレータを共有できます。
  • /showmembers」と入力すると、メンバーとその現在の役割のリストが得られます。また、この操作によりメンバーのSkype名の形式も表示されます(以下で説明する両方のチャットの種類の「/add [Skype名]」コマンドを参照)。

上記のコマンドは、P2Pベースのチャットとクラウドベースのチャットのどちらを使用していても機能します。

利用可能なコマンドのリストを表示するには、チャットに「/help」と入力します。チャット相手が1人しかいない場合は、関連するチャットオプションのみが表示されます。チャット相手が2人以上の場合は、「/help 」を使用すると、さらに詳しいチャットコマンドが表示されます。リストが表示されない場合は、お使いのSkypeのバージョンがこの機能に対応していないことを意味します。

作成された新しいグループはすべて、クラウドベースのグループになります。P2Pベースのグループを作成する場合(以前のモデレータ機能を利用するために)は、「/createmoderatedchat」と入力します。これにより、Empty Groupという新しいチャットグループが作成され、そこにユーザを追加したり、以下で説明するP2Pベースの全チャットコマンドを使用したりできます。

重要:常にSkypeの最新バージョンをお使いください。以下のコマンドの一部は、古いバージョンではサポートされていない場合があります。

コマンドの後のユーザ指定のテキストを角括弧([ ])で囲む必要はありません。たとえば、「/topic [テキスト]」というコマンドは、「/topic 今日のミーティングの議題」のように入力します。

一般的なコマンドとその説明は、以下のとおりです。

コマンド 説明

/add [Skype名]

連絡先をチャットに追加します。例:「/add taro_suzuki1」と入力すると、そのメンバーがチャットに追加されます。

「live:」で始まるSkype名もあります。(例:live:taro_suzuki1

/alertson [テキスト]

チャットの通知を表示するための条件となるテキストを指定できます。たとえば、「/alertson 東京」と入力すると、チャットに「東京」の文字が含まれた場合にのみ、通知が表示されます。

/alertsoff

メッセージ通知を無効にします。

/find [テキスト]

チャット内の特定のテキストを検索します。たとえば、「/find 美智子」と入力すると、そのチャット内で「美智子」という文字が最初に表示された個所に戻ります。

/get admins

チャットを管理しているユーザの詳細を表示します。

/get options

現在のチャットの有効なオプションを表示します。利用できるオプションのリストについては、以下の/set optionsを参照してください。

/get role

チャットにおける自分の役割を表示します。

/showmembers

メンバーとその役割のリストを表示します。

/get uri

URLリンクを作成し、他のユーザがこれを使ってこのグループチャットに参加できるようにします。

/golive

チャットの他の参加者とのグループ通話を開始します。

/info

チャットメンバーの人数と参加可能な人数の上限を表示します。

/kick [Skype名]

チャットメンバーを強制退去させます。たとえば、「/kick taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーがチャットから強制退去させられます。

/leave

現在のグループチャットを退出します。

/me [テキスト]

テキストを、自分の名前の次に表示します。たとえば、「/me 自宅で仕事中」と入力すると、「自宅で仕事中」が自分の名前の次にチャット内で表示されます。このコマンドを使って自分の活動やステータスに関するメッセージを送信できます。

/remotelogout

現在のインスタンスを除くすべてのSkypeのインスタンスでプッシュ通知を停止します。

/set options [[+|-]flag]

このチャットのオプションを設定します。具体例として、以下のような目的が挙げられます。「/set options -JOINING_ENABLED」と入力すると、JOINING_ENABLEDオプションがオフになります。また、「/set options +JOINERS_BECOME_APPLICANTS」と入力すると、JOINERS_BECOME_APPLICANTSオプションがオンになります。

 

利用できるフラグは、以下のとおりです。

 

HISTORY_DISCLOSED - 参加者は、参加前に行われた会話を表示ができます。表示限度は、メッセージ400件または期間にして2週間のうち、いずれか早く達したほうとなります。

 

JOINING_ENABLED - 新しいユーザはチャットに参加できます。

/setrole [Skype名] MASTER | USER | ADMIN

チャットメンバーの役割を設定します。役割の説明については、以下の表をご覧ください。

/showplaces

このSkypeアカウントで、通話やIMのプッシュ通知を受信できる他のエンドポイントのリストを表示します。

/topic [テキスト]

チャットのトピックを変更します。

自分がチャットを開始した場合と、チャット作成者または主催者により役割が割り当てられた場合では、チャットにおける役割が異なります。

役割

説明

Admin(管理者)

チャット主催者とも呼ばれます。管理者は他のユーザを管理者に昇格させることができます。マスターと呼ばれる場合もあります。

Speaker(スピーカー)

チャットにメッセージを投稿し、通話に参加できるメンバー。

 

コマンドの後のユーザ指定のテキストを角括弧([ ])で囲む必要はありません。たとえば、「/topic [テキスト]」というコマンドは、「/topic 今日のミーティングの議題」のように入力します。

一般的なコマンドとその説明は、以下のとおりです。

コマンド

説明

/add [Skype名]

連絡先をチャットに追加します。例:「/add taro_suzuki1」と入力すると、そのメンバーがチャットに追加されます。

「live:」で始まるSkype名もあります。(例:live:taro_suzuki1

/alertson [テキスト]

チャットの通知を表示するための条件となるテキストを指定できます。たとえば、「/alertson 東京」と入力すると、チャットに「東京」の文字が含まれた場合にのみ、通知が表示されます。

/alertsoff

メッセージ通知を無効にします。

/clearpassword

パスワードによるセキュリティ保護を削除します。

/find [テキスト]

チャット内の特定のテキストを検索します。たとえば、「/find 美智子」と入力すると、そのチャット内で「美智子」という文字が最初に表示された個所に戻ります。

/get allowlist

チャットにアクセスできるユーザのリストを表示します。

/get banlist

チャットから禁止されたユーザのリストを表示します。

/get creator

チャットを作成したユーザを表示します。

/get guidelines

現在のチャットのガイドラインを表示します。

/get options

現在のチャットの有効なオプションを表示します。利用できるオプションのリストについては、以下の/set optionsを参照してください。

/get password_hint

パスワードのヒントを表示します。

/get role

チャットにおける自分の役割を表示します。

/get uri

URLリンクを作成し、他のユーザがこれを使ってこのグループチャットに参加できるようにします。

/golive

チャットの他の参加者とのグループ通話を開始します。

/info

チャットメンバーの人数と参加可能な人数の上限を表示します。

/kick [Skype名]

チャットメンバーを強制退去させます。たとえば、「/kick taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーがチャットから強制退去させられます。

/kickban [Skype名]

チャットメンバーを強制退去させ、チャットに再び参加することを禁止します。たとえば、「/kickban taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーはチャットから強制退去させられ、再び参加できなくなります。

/leave

現在のグループチャットを退出します。

/me [テキスト]

テキストを、自分の名前の次に表示します。たとえば、「/me 自宅で仕事中」と入力すると、「自宅で仕事中」が自分の名前の次にチャット内で表示されます。このコマンドを使って自分の活動やステータスに関するメッセージを送信できます。

/remotelogout

現在のインスタンスを除くすべてのSkypeのインスタンスでプッシュ通知を停止します。

/set allowlist [[+|-]mask] ..

チャットの承認メンバーとして設定します。たとえば、「/set allowlist +taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーがチャットに参加できるようになります。

/set banlist [[+|-]mask] ..

チャットへの参加を禁止するメンバーを設定します。たとえば、「/set banlist +taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーはチャットに参加できなくなります。「/set banlist -taro_suzuki1」と入力すると、このメンバーが再びチャットに参加できるようになります。

/set guidelines [テキスト]

チャットのガイドラインを設定します。たとえば、「/set guidelines 荒らし行為禁止!」などと入力できます。設定したガイドラインを後で見るには、チャット内で「/get guidelines」というコマンドを使用します。

/set options [[+|-]flag]

このチャットのオプションを設定します。具体例として、以下のような目的が挙げられます。「/set options -JOINING_ENABLED」と入力すると、JOINING_ENABLEDオプションがオフになります。また、「/set options +JOINERS_BECOME_APPLICANTS」と入力すると、JOINERS_BECOME_APPLICANTSオプションがオンになります。

 

利用できるフラグは、以下のとおりです。

 

HISTORY_DISCLOSED - 参加者は、参加前に行われた会話を表示ができます。表示限度は、メッセージ400件または期間にして2週間のうち、いずれか早く達したほうとなります。

 

JOINERS_BECOME_APPLICANTS - 新しいユーザはチャットに参加できますが、CREATOR(作成者)またはMASTER(管理者)(役割については、以下の表を参照)により承認されるまでメッセージの投稿や受信はできません。

 

JOINERS_BECOME_LISTENERS - 新しいユーザはメッセージを受信できますが、USER(ユーザ)の役割に昇格するまで投稿することはできません。

 

JOINING_ENABLED - 新しいユーザはチャットに参加できます。

 

TOPIC_AND_PIC_LOCKED_FOR_USERS - CREATOR(作成者)の役割を持つユーザのみ、トピックのテキスト変更や、チャットに写真を添付することができます。

 

USERS_ARE_LISTENERS - USER(ユーザ)の役割を持つユーザは、メッセージの投稿はできなくなります。

/set password [テキスト]

パスワードを作成します(スペースは使用できません)。

/set password_hint [テキスト]

チャットのパスワードヒントのテキストを設定します。

/setpassword [パスワード] [パスワードのヒント]

チャットのパスワードとパスワードヒントを作成します。

/setrole [Skype名] MASTER | HELPER | USER | LISTENER

チャットメンバーの役割を設定します。役割の説明については、以下の表をご覧ください。

/showplaces

このSkypeアカウントで、通話やIMのプッシュ通知を受信できる他のエンドポイントのリストを表示します。

/topic [テキスト]

チャットのトピックを変更します。

/whois [Skype名]

チャットメンバーの現在の役割などの詳細を表示します。

自分がチャットを開始した場合と、チャット作成者または主催者により役割が割り当てられた場合では、チャットにおける役割が異なります。

役割

説明

Creator(作成者)

チャットを作成したメンバー。作成者になることができるのは、1つのチャットにつき1ユーザのみです。他のメンバーを管理者に昇格させる権限を持つのは、作成者だけです。

Master(管理者)

チャット主催者とも呼ばれます。Masterには、他のメンバーを管理者に昇格させる権限はありません。

Helper(ヘルパー)

補助権限を持つメンバー。ヘルパーは、USERS_ARE_LISTENERSオプションの対象とはなりません。ヘルパーには、メンバーを昇格または降格させる権限はありません。

User(ユーザ)

チャットにメッセージを投稿できるメンバー。

Listener(リスナー)

メッセージの閲覧のみ可能で、チャットに投稿できないメンバー。

Applicant(申込者)

チャットへの承認待ちのメンバー。注意:いったんチャットに承認されたメンバーを、申込者に降格することはできません。

 


この記事は役に立ちましたか?

はい。 いいえ。

どのような点がお役に立てませんでしたか?

問題が解決しなかった
回答がわかりにくい/読みにくい
回答に関連性がなかった
その他

本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

重要: 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。

フィードバックを送信していただき、ありがとうございました。

フィードバックを送信していただき、ありがとうございました。 フィードバックをいただき、ありがとうございました。 さらに詳しいヘルプの情報源をお探しの場合は、Skypeのコミュニティでいつでも質問と回答を検索していただけます。 コミュニティにアクセス

コミュニティに質問

Skype コミュニティで、「インスタントメッセージとSMS」についての話題をチェックしましょう。

会話に参加する

ヘルプをご希望ですか? サポート チームにお問い合わせください。 今すぐチェック