ヘルプ Windows Desktop

Skype Manager™とその機能の仕組みについて教えてください。

Skype Manager(旧称ビジネスコントロールパネル)はWebベースの管理ツールで、会社全体でのSkypeの使用の設定、管理、報告をすべて一箇所で行えます。

各社員のSkypeアカウントを作成し、各機能へのアクセスをコントロールして、Skypeクレジット、その他のSkype機能を割り当て、Skypeの使用状況を記録管理することは、いたって簡単です。また社員が退職した場合にも、そのビジネスアカウントおよび残っているSkypeクレジットと機能を継続してコントロールします。Skype Managerを使えば、通話コストと使用状況を一定に制限し、会社、部署、または社員レベルでレポートを作成できます。

つまり、Skype Managerを使えば、ビジネスでのSkype使用について管理者レベルのコントロールができます。

Skype Managerを設定するには:

  1. 今すぐ独自のSkype Managerを設定します。
  2. 画面上の説明に従って、Skype Managerの設定に使用するSkype名を指定します。これには既存の個人アカウントを使用するか、Skype Manager専用の新規アカウントを作成することができます。作成後、Skypeアカウントの詳細をいつでも更新できます

    Skype Managerは新しいSkypeアカウントを作成して管理し、そのアカウントはこの目的のみに使用することをお勧めします。ですから、このアカウントには目的を反映させたSkype名を付けておくと便利です。たとえば会社名が「Architects」であれば、新しい個人アカウントは「architects.admin」などにするとよいでしょう。
  3. Skype Managerに登録すると、自動的にSkype Managerにサインインできます。以下はここで実行する必要のある最重要事項です。

Skype Managerについての詳細は、Skypeサポートサイトのガイドページで、クイックスタートガイド、ユーザガイド、および各種チュートリアルムービーをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

はい。 いいえ。

本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。

コミュニティに質問

Skype コミュニティで、「Skypeを職場で使う」についての話題をチェックしましょう。

会話に参加する

ヘルプをご希望ですか? サポート チームにお問い合わせください。 今すぐチェック