Skype のヘルプ

    Skype 通話品質に関する問題のトラブルシューティング

    検索結果に戻る

    Skype 通話の品質に問題がある場合、 その原因として最も考えられるのは、お客様ご自身または友達のインターネット接続です。 インターネット接続に問題がある場合、通話が切れたり、会話に時間差が発生したり、オーディオとビデオの品質が低下したりします。 問題がある場合は、通話品質インジケーターも表示されます。 この問題の解決に役立つヒントを以下に示します。

    1. [Skype ログイン状態] ページを確認します
      報告されている問題があるかどうかをこのサイトで確認できます。

    2. 最小システム要件を満たしていることおよび Skype の最新バージョンを使用していることを確認してください。
      Skype では常に通話品質の向上に努めています。最適な状態で通話をお楽しみいただけるように、お客様と通話相手の両者が最小のシステム要件を満たしていることおよび最新バージョンの Skype を使用していることを確認してください。

    3. コンピューターとインターネット接続を確認します。
      接続状況が良くないと、通話の切断、ビデオのムラまたはフリーズ、通話音質の低下の原因となる可能性があります。 接続が良くない場合は、ネットワーク接続不良という通知を受け取る可能性があります。

      通話品質に影響するその他のいくつかの要素を以下に示します。

      • WiFi 信号の強度が十分であることを確認します。可能である場合は、有線接続を使用します。

      • 通話中にインターネット接続の品質が低下する場合、Skype はグループ通話の 1 つまたは複数のビデオ ストリームをオフにする可能性があります。 インターネット接続が回復すると、Skype は自動的にビデオをオンに戻します。

      • Windows での接続に問題がある場合、「Windows のネットワーク接続の問題を解決する」のトラブルシューティングの手順を使用することができます。

      • 通話を妨げている可能性があるアプリケーションをすべて終了します。 ファイル共有アプリケーションを使用したり、オーディオやビデオのストリーミングを行ったり、さらにはブラウザーを開いているだけでも帯域幅を消費します。

      • Skype をノートパソコンで使用していて省電力モードになっている場合は、AC 電源に接続するか、最高のパフォーマンス モードに切り替えます。

    次に確認すべき、いくつかの事柄を示します。

    • Skype がデスクトップ コンピューターのマイクとカメラにアクセスできるようにするには、ユーザーによる許可が必要です。システムのプライバシーに関する許可設定を確認します. Mac OSX Mojave (10.14 以降) および Skype for Windows 10 (バージョン 14) のユーザーの場合、デスクトップ コンピューターのマイクとカメラを使用するには、Skype にアクセス許可を付与する必要があります。
      • Mac OSX Mojave (10.14 以上):
        - Mac で [システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] タブ > [マイク] または [カメラ] に移動し、アクセス許可を Skype に付与します。
      • Skype for Windows 10 (バージョン 14):
        - [スタート] に移動し、[設定] (歯車アイコン) > [プライバシー] の順に選択し、[カメラ] または [マイク] のいずれかを選択します。 両方で、[Skype] の切り替えスイッチが [オン] になっていることを確認します。 Skype を再起動して Skype の [オーディオとビデオ の設定] に移動し、Skype 内で正しいデバイスが選択されていることを確認します。 詳細については、Skype for Windows 10 (バージョン 14) でメラを使用するためのアクセス許可の管理に関する記事をご覧ください。

        追加情報: デスクトップ上の Skype でオーディオとビデオの設定を変更する方法についてはこちらの記事をご覧ください。
    • マイク、スピーカー、またはヘッドフォンをチェックします。 これらの機器が接続されていて、ミュートになっていないことを確認します。 Bluetooth デバイスの場合は、接続されていることを確認してください。
    • カメラをチェックします。 カメラがオンになっていて、お客様の方向に向けられていて、何にも遮られていないことを確認します。 デスクトップ用の Skype から、プロフィール画像 >[設定]> [オーディオとビデオの設定] > [ビデオ] に移動し、ビデオにカメラのプレビューが表示されているか確認します。
      : Windows 10 用の Skype のユーザーの場合は、お使いの Web カメラが Windows Store アプリの最小要件を満たしていることを確認してください。
    • Skype で無料のテスト通話を発信します。 テスト通話ではメッセージを録音するよう指示があり、その後メッセージが再生されます。これは、オーディオ設定に問題があるかどうかを確認できる最も簡単な方法です。 デスクトップ用の Skype で、プロフィール画像>[設定]> [オーディオとビデオの設定] >[無料テスト通話を行う] の順にクリックします。
    • 自分の声にエコーがかかっている 通話相手のデバイスに問題があるかもしれません。 通話相手に再生音量を下げてもらってください。
    • オーディオをチェックします。 曲を再生したり、別のアプリケーションで音声を鳴らして音量をテストします。 音声が聞こえる場合、通話相手側の問題である可能性があります。通話相手にもこれらの手順を実行するように依頼してください。
    • 製造元の Web サイトをチェックします。 Web カメラのブランドとデバイスにはさまざまなものがあり、動作しない原因も複数考えられます。 各ブランドで異なるため、製造元の Web サイトからユーザ ガイドやトラブルシューティングのヘルプを確認することをお勧めします。

    次に確認すべき、いくつかの事柄を示します。

    • Skype がモバイル デバイスのマイクとカメラにアクセスできるようにするには、ユーザーによる許可が必要です。マイクとカメラを使用する許可を Skype に与える方法については、iOS 用のこちらの記事または Androi 用のこちらの記事をご覧ください。
    • マイク、スピーカー、またはヘッドフォンをチェックします。 これらの機器が接続されていて、ミュートになっていないことを確認します。 Bluetooth デバイスの場合は、接続されていることを確認してください。
    • カメラをチェックします。 カメラがオンになっていて、お客様の方に向けられていて、何にも遮られていないことを確認します。
    • Skype で通話音声テストを行います。 テスト通話ではメッセージを録音するよう指示があり、その後メッセージが再生されます。これは、オーディオ設定に問題があるかどうかを確認できる最も簡単な方法です。 「Skype でサウンドをテストする (エコー テスト通話を行う) 方法を教えてください」をご覧ください。
    • 自分の声にエコーがかかっている場合 通話相手のデバイスに問題があるかもしれません。 通話相手に再生音量を下げてもらってください。
    • オーディオをチェックします。 曲を再生したり、別のアプリケーションで音声を鳴らして音量をテストします。 音声が聞こえる場合、通話相手側の問題である可能性があります。通話相手にもこれらの手順を実行するように依頼してください。
    • 製造元の Web サイトをチェックします。 Web カメラのブランドとデバイスにはさまざまなものがあり、動作しない原因も複数考えられます。 各ブランドで異なるため、製造元の Web サイトからユーザ ガイドやトラブルシューティングのヘルプを確認することをお勧めします。