ホーム Skype for Windows RT

    Skype for Windows RTでプライバシー設定を管理する方法を教えてください。

    Skypeのプライバシー設定では、Skypeで連絡を許可するユーザを管理できます。プライバシー設定を変更することで、迷惑メッセージや迷惑着信を簡単に防ぐことができます。

    連絡先をブロックおよび削除する方法について詳しくはこちらをご覧ください

    重要:ウイルス対策またはファイアウォールアプリケーションをお使いの場合は、Skypeを実行できる設定になっていることをご確認ください

    必要なら、簡単にSkype for Windows RTの言語を変更できます。

    Skypeで連絡を許可するユーザの管理

    Skypeでは、誰がお客さまに通話したり、インスタントメッセージ(IM)を送信したりできるかを管理することは簡単です。

    1. Skypeを起動します。
    2. Skypeホームで、画面の右下角にマウスを移動するか、右からスワイプして、チャームを表示します。

    Skypeホーム画面

    1. チャームから「設定」> 「オプション」を選択します。

    選択された「設定」の下の「オプション」

    1. オプション」ウィンドウの「プライバシー」で、「通話を許可する相手」の横にあるドロップダウンメニューを選択し、「誰でも」または「連絡先のみ」を選択します。
    2. Skype番号への通話を許可する相手」の横にあるドロップダウンメニューで「誰でも」または「連絡先のみ」を選択します。

    「オプション」の下の「プライバシー」セクションを選択。ここで設定を変更して、Skypeでの連絡を許可するユーザを管理できます。

    次回にSkypeを開始する際に、連絡先からオフラインとして見られたい場合は、Skypeを閉じるかPCの電源を切る前に、「ログイン状態を隠す」にログイン状態を設定できます。

    ビデオ送信と画面共有を許可するユーザの管理

    オプション」ウィンドウの「ビデオ」で、「ビデオ通話と画面共有の着信」の横にあるドロップダウンメニューを選択し、「自動的に開始」または「質問」を選択します。

    選択された「オプション」の下の「ビデオ」セクション。

    カメラの問題を解決する方法について、詳しくはこちらをご覧ください

    着信通話の管理

    着信通話の設定を変更することも簡単にできます。

    1. オプション」で、「通話」を選択します。
    2. 通話に自動的に応答」の横にあるスライダを「はい」または「いいえ」に移動します。
    3. ビデオ通話を自動的にオン」の横にあるスライダを「はい」または「いいえ」に移動します。

    選択された「オプション」の下の「通話」セクション

    着信した通話を逃したくない場合、またはインスタントメッセージ(IM)受信のお知らせを受け取りたい場合は、Skype通知を有効にできます。詳細はこちらをご覧ください

    会話履歴の削除

    会話履歴はSkypeのクラウドに30日間保存されますが、必要に応じてコンピュータを設定し、それよりも長い期間会話履歴を保存することができます。また、必要に応じてデバイスから会話履歴全体を削除することもできます。

    オプション」で「すべての会話履歴を削除」の横にある「履歴を削除」ボタンを選択します。

    Skypeの再起動後に、会話履歴が削除されます。これには、キーボードでAlt+F4を押すか、画面の上端からスワイプして、Skypeを閉じて再起動します。

    重要:いったん会話履歴を削除すると、これを回復することはできません。会話履歴を削除すると、ビデオメッセージは削除されます。

    プライバシーとプロフィール設定について、詳細は「Skypeアカウント」ページをご覧ください。アカウントを管理する方法について、詳細はこちらをご覧ください

    オンラインのセキュリティ、安全性、プライバシーについて、詳細はセキュリティセンターをご覧ください。

    オンラインのプライバシーとセキュリティについて、詳細はこちらをご覧ください

    この記事は役に立ちましたか?

    はい。 いいえ。

    本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

    重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。