Skype のヘルプ

    すべての製品

    Skype for Mac OS Xで自動アップデートをオフにする方法を教えてください。

    検索結果に戻る

    以下についてのこの記事は、各リンクをクリックしてご覧ください。

    自動アップデートは、Skype for Mac OS Xの最新バージョンを維持できる最も簡単な方法です。この機能はデフォルトでオンになっていますが、オフにすることができます。次の手順に従ってください。

    1. Skypeを起動します。
    2. メニューバーで、「Skype」> 「設定…」の順に選択します。
    3. 一般」タブを選択し、「Skypeを常に最新の状態にする」のチェックを外します。



      自動アップデートはいつでも再び有効にできます。「Skype」> 「設定…」> 「一般」で「Skypeを常に最新の状態にする」にチェックを付けます。

    MacでSkypeの自動更新を無効にすると、Skypeを手動で更新できるようになります。

    1. Skypeを起動します。
    2. メニューバーで、「Skype」> 「アップデートを確認…」の順に選択します。
    3. アップデートがある場合、インストールするよう求められます。「アップグレード」をクリックします。
    4. アップグレードが完了したら、ポップアップウィンドウで「再起動」をクリックして、Skypeの新バージョンを使い始めることができます。

    注意:最新バージョンのSkypeの改善に労力を集中させるため、古いバージョンのSkypeのサポートを終了させることがあります。このような場合には、Skypeにサインインしようとしたときに次のメッセージが表示されます。



    その場合は、「最新バージョンを今すぐダウンロード」をクリックし、手順に従って最新バージョンに無料でアップグレードしてください。ここに記載されている手順に従って、問題を解決し、Skypeの使用を続けることもできます。

    Skype は緊急通話には使用できません
    Skype は電話に代わるサービスではないため、緊急通話に使用することはできません