ホーム Skype for Windows デスクトップ

    ログファイルを作成する方法を教えてください。

    Skypeの使用中に発生した問題の解決に役立てるために、Skypeカスタマーサービスエージェントよりログファイルを作成して送信するように依頼される場合があります。

    ログファイルは暗号化されているので、利用できるのはSkypeサポートのみです。 Skypeプライバシーポリシーに沿った特定の個人情報が保存されていますが、チャット会話、音声メッセージ、ビデオメッセージなどのデータは含まれていません。

    ログ作成が有効な状態でSkypeを実行する際は、最新バージョンのSkypeを使用してください。

    ログ作成の有効化

    1. Skypeを終了します
    2. ログ作成に関連したレジストリファイルをダウンロードして抽出します。
    3. zipファイルを右クリックして、[すべて展開] を選び、[OK] をクリックしてファイルを展開します。続いて、ログ作成関連のコマンドファイルを抽出したフォルダに移動します。
    4. logging-on.reg を実行して、Skypeログ作成関連のレジストリキーを設定します。
    5. Skypeを再起動し、問題をレプリケートします。

    ログファイルの送信

    Skypeがアプリケーションデータフォルダにログファイルを作成します。 このフォルダの場所は、実行中のWindowsバージョンによって異なります。 エクスプローラーを開き、アドレスバーに「%appdata%」と入力して検索します。

    ログファイルの名前付け形式は、debug--.logです。

    Skypeカスタマーサービスの指示に従ってログを送信します。

    インストールに問題がありますか?

    Skype for Windowsデスクトップインストーラでは、インストール別のログファイルも作成されるため、インストール問題を報告する時にそのファイルを添付できます。 ログ作成を有効にした状態でインストーラを実行するには:

    • インストーラ実行ファイルを含むフォルダに移動します。
    • インストーラを実行して、ログ作成オプションSkypeSetup.exe /logを指定します

    インストーラにより「install-.log」という名前のログファイルが現在のフォルダに作成され、タイプスタンプによりインストールの開始時刻が示されます。

    DirectX Diagnostics

    DirectX Diagnosticsツールは、お使いのシステムのハードウェア構成およびデバイスドライバのバージョンの概要を提供します。 この情報は、重大な音声/ビデオ関連の問題を診断する際に、しばしば役に立ちます。 DirectX Diagnosticsファイルを作成するには:

    1. キーボードのWindowsキーとRキーを同時に押してください。
    2. [ファイル名を指定して実行] ウィンドウに「dxdiag」と入力し、Enterキーを押します。
    3. [情報をすべて保存…] をクリックします。
    4. [名前を付けて保存] ダイアログが表示されたら、ファイルを保存する場所を選択して、[保存] をクリックします。

    ログ作成を無効にする

    1. Skypeを終了します。
    2. ログ作成関連のコマンドファイルを抽出するフォルダに移動します。
    3. logging-off.reg を実行して、Skypeログ作成関連のレジストリキーをクリアします。
    4. Skypeを起動します。

    ログ作成の有効化

    1. Skypeを終了します。
    2. Skypeアプリケーションデータディレクトリに移動します。 ~/.Skype/
    3. 「Logs」という名前のディレクトリを作成します。
    4. Skypeを再起動します。

    ログファイルの収集および送信

    問題をレプリケートします。 Skypeは、~/.Skype/Logs にログファイルを作成し、「skype_」という名前を付けます。

    Skypeカスタマーサービスの指示に従ってログを送信します。

    ログ作成を無効にする

    1. Skypeを終了します。
    2. Skypeアプリケーションデータディレクトリに移動します。 ~/.Skype/
    3. オプションで、既存のログファイルを他のディレクトリにアーカイブします。
    4. ログディレクトリとコンテンツをすべて削除します。
    5. Skypeを再起動します。
    1. Skype First Aidツールをダウンロードしてインストールします。 このツールをダウンロードして実行することを選択すると、関連するエンドユーザーライセンス契約に同意することになります。
    2. Skype First Aidの「Active Skype Logs (アクティブなSkypeのログ)」のチェックボックスをオンにして、ログを有効にします。

    3. Skypeを再起動して、ログプロセスを有効にします。
    4. 発生している問題をレプリケートしてからSkypeを閉じます。
    5. Skype First Aidウィンドウで、「Generate Bug Report Archive (バグレポートのアーカイブを生成)」ボタンを押します。
    6. Skypeカスタマーサービスの指示に従ってログを送信します。
    1. Xbox Insider Hubアプリをインストールします。
    2. Skypeアプリを起動します。
    3. メニューXbox Oneコントローラのメニューボタンボタンを押して、[設定] を選択し、ログ記録をオンにします。
    4. Skypeアプリを終了し、再起動します。
    5. コントローラ上部のXbox Nexusボタンを押し続けて、電源メニューを呼び出し、[問題の報告] を選択します。

    それでも問題が解決しない場合は、Skypeコミュニティに質問してみてください

    この記事は役に立ちましたか?

    はい。 いいえ。

    本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

    重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。