ホーム Skype for Windows デスクトップ

    Skype LoginCleanupライセンス契約書

    マイクロソフトソフトウェアライセンス条項

    Microsoft Skype LoginCleanup


    本ライセンス条項は、Microsoft Corporation(またはお住まいの地域のマイクロソフト関係会社)とお客様との間で締結される契約です。本ライセンス条項を最後までお読みください。本ライセンス条項は、上記のソフトウェア製品に対して、本ソフトウェアをメディアで受領した場合はそのメディアを含め、適用されます。また、本ライセンス条項は、本ソフトウェアに関するマイクロソフトの

    • 更新プログラム、
    • 補足物、
    • インターネットベースのサービス、および
    • サポートサービス

    にも適用されます。ただし、これらに他のライセンス条項が付属する場合はこの限りではありません。その場合は、付属のライセンス条項が適用されます。

    本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、お客様は本ソフトウェアを使用できません。


    本ライセンス条項を遵守することを条件として、お客様には以下の永続的な権利が許諾されます。

    1. インストールおよび使用の権利。お客様は、本ソフトウェアの1つのコピーをデバイスにインストールし、実行して使用することができます。
    2. ライセンスの有効範囲。本ソフトウェアは使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する権利のみを付与します。マイクロソフトはその他の権利をすべて留保します。適用される法令により上記の制限を超える権利が与えられる場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。本ソフトウェアの使用において、お客様は本ソフトウェアの使用方法を特定のものに制約するために適用される技術的な制限に従う必要があります。お客様は、以下を行うことはできません。
    • 本ソフトウェアの技術的な制限を迂回する。
    • 本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルを行う。ただし、この制限にもかかわらず、適用される法律によって明示的に認められている範囲においてのみこれらを行える。
    • 本ソフトウェアから、本ライセンス条項で指定された数を超えるコピー、またはこの制限にもかかわらず適用される法律によって許される数を超えるコピーを作成する。
    • 他人がコピーできるように本ソフトウェアを公開する。
    • 本ソフトウェアを賃貸、リース、または貸与する。
    • 本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡する。
    • 本ソフトウェアを商用のソフトウェアホスティングサービスに使用する。
    1. バックアップコピー。お客様は、本ソフトウェアのバックアップコピーを1部作成できます。このバックアップコピーは、本ソフトウェアの再インストールのみに使用できます。
    2. ドキュメント。お客様のコンピュータまたは内部ネットワークにアクセスすることが承認された個人は、内部での参照を目的としてドキュメントをコピーし、使用することができます。
    3. 別のデバイスへの移管。お客様が使用する目的で、本ソフトウェアをアンインストールし、別のデバイスにインストールすることができます。複数のデバイス間で本ライセンスを共有する目的で、別のデバイスに本ソフトウェアをインストールすることはできません。
    4. 輸出規制。本ソフトウェアは、米国の輸出関連の法律および規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内および国際的な輸出関連の法律および規制を遵守する必要があります。このような法律には、配布先、エンドユーザ、およびエンドユーザの使用方法に関する規制も含まれます。詳細については、www.microsoft.com/exportingを参照してください。
    5. サポートサービス。本ソフトウェアは「現状有姿」で提供されます。そのため、マイクロソフトはサポートサービスを提供しない場合があります。
    6. 全体的な合意。本ライセンス条項、および使用する補足物、更新プログラム、インターネットベースのサービスおよびサポートサービスに関する条項は、本ソフトウェアおよびサポートサービスの全体を対象とするライセンス条項です。
    7. 適用法

      a. アメリカ合衆国。本ソフトウェアをアメリカ合衆国内で取得したお客様に対しては、法抵触に関する規定に関係なく、アメリカ合衆国ワシントン州の法律が本ライセンス条項の解釈の基準となり、本ライセンス条項の違反に関する主張に適用されます。州の消費者保護法、不当競争防止法、および不法行為法の違反に基づく主張を含むその他すべての主張は、アメリカ合衆国内のお客様の住所地の州法に準拠するものとします。

      b. アメリカ合衆国以外の国。本ソフトウェアをアメリカ合衆国以外の国で取得した場合は、当該国の法律が適用されます。
       
    8. 法的効力。本ライセンス条項は、特定の法的権利について明示するものです。お客様の居住国の法律によって、その他の権利がお客様に対して許諾されることがあります。また、お客様が本ソフトウェアを取得された第三者に関する権利を取得できる場合もあります。居住国の法律によってお客様に許諾される権利が本ライセンス条項によって変更されることは、その法律でそのような変更が認められる場合を除き、ありません。
    9. 免責事項。本ソフトウェアは、「現状有姿」のまま提供されます。本ソフトウェアの使用に伴う危険は、お客様の負担とします。マイクロソフトは、一切の明示的な保証または規定を行いません。お客様は、本ライセンス条項によって変更できない居住国の法律下で他の消費者の権利または法定保証を許諾されることがあります。マイクロソフトは、お客様の居住国の法律で認められる範囲において、商品性、特定目的に対する適合性、および権利侵害の不存在について、暗黙の保証を行いません。
      オーストラリア限定。お客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、本ライセンス条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。
    10. 救済手段および損害の制限および除外。お客様は、直接の損害に限り最大5.00米国ドルまでの賠償金をマイクロソフトおよびマイクロソフト関係会社から得ることができます。その他の損害については、派生的損害、利益損失、特別損害、間接損害、付随的損害を含め、一切の賠償金を得ることはできません。
      この制限は、以下に適用されるものとします。
    • 第三者のインターネットサイトまたは第三者のプログラムにおいて、本ソフトウェア、サービス、コンテンツ(コードを含む)に関連する一切のもの
    • 適用される法律で認められる範囲までの、契約違反、保証または規定の違反、厳格責任、過失、またはその他の不法行為についての主張

      この条項は、マイクロソフトが損害が生じる可能性を知っていた場合または知っていたと推定される場合も適用されます。また、一部の国では付随的損害、派生的損害またはその他の損害の免除または制限が認められないため、上記の制限または除外が適用されない場合があります。

    LoginCleanupファイルをダウンロードする

    この記事は役に立ちましたか?

    はい。 いいえ。

    本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

    重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。