ヘルプ Android

通話の質に関するトラブルシューティング(Android)

AndroidのSkypeでの通話に問題がある場合、通常は、自分または友達のインターネット接続に原因があると考えられます。インターネット接続の品質が悪いと、通話が途切れたり、遅延が発生したり、オーディオとビデオの品質が低下することがあります。次のヒントをご覧ください。

  1. 接続をテストします。
    品質の高い通話を実現するには、自分と友達の両方に十分な帯域幅が必要になります。速度をテストするアプリを使用してモバイル接続のパフォーマンスを確認し、Skypeに必要な下り/上り速度に結果を照らしてチェックしてください。ビデオ通話時に接続が遅くなる場合は、ビデオをオフにして音声通話を行うことをお勧めします。

  2. 通話音声テストを行います。
    Skypeの無料の通話音声テストを利用すると、音声を簡単にテストできます。メッセージを録音するように求められ、その後メッセージを再生して実際に聞いてみます。開始するには、Skypeの検索フィールドにecho123と入力して通話を行い、指示に従って操作します。「テスト通話を発信する方法」にある簡単なガイドをご覧ください。

  3. 最新バージョンのSkypeをお使いですか?
    最良の通話状態を確保するため、自分とビデオ通話相手の両方が最新バージョンのSkypeを使用していることを確認します。Skypeから最新版をダウンロードするか、Playストアに移動します。


接続をチェックして通話音声テストを行っても、通話の品質にまだ問題がある場合は、以下から問題を選択してください。

相手の声が聞こえず、自分と相手の両方がこの記事の冒頭にあるヒントを実行した場合は、次の操作を試してみてください。

  1. 音量を上げます。
    雑音の多い場所にいると、相手の声が聞きづらくなることがあります。デバイスの音量を上げ、可能であれば、より静かな場所に移動します。スピーカーフォンモードにしている場合は、自分の手でスピーカーが塞がれていないかを確認します(特にスピーカーがデバイスの背面にある場合)。スピーカーの前で手を丸め、音が直接自分の方に聞こえるようにすると、よく聞こえるようになることがあります。

  2. ハンドセットモードとスピーカーフォンモードを切り替えます。
    携帯電話を使用している場合は、スピーカーフォンモード(携帯電話を自分の正面に持ってきて使用するモード)とハンドセットモード(通常の通話と同じように携帯電話を耳に当てて使用するモード)を切り替えることができます。特に雑音の多い場所にいる場合に、音声が改善されることがあります。スピーカーフォンモードの場合は、スピーカーをオフにするボタンは、音声通話の場合にのみ表示されます。スピーカーフォンモードからハンドセットモードに切り替えるには、最初にビデオボタンをタップしてビデオをオフにし、次にスピーカーフォンボタン をタップします。ボタンが変化し、ハンドセットモードを使用していることが分かります。


    携帯電話を耳に当ててSkype通話を続けます。

  3. ヘッドセットを使用します。
    ビデオ通話を行いたい場合や、タブレットを使用しているためにハンドセットモードに切り替えることができない場合は、イヤホンかヘッドセットを接続することをお勧めします。

  4. 相手側の音声を改善します。
    相手側に問題がある場合があります。友達にマイクの問題を解決するためのガイドのヒントに従って操作するように勧めてください(相手がモバイルデバイスを使用している場合は、下のヒントを読むように依頼します)。

相手に自分の声が聞こえず、自分と相手の両方がこの記事の冒頭にあるヒントを実行した場合は、次の操作を試してみてください。

  1. マイクをチェックします。
    マイクが正常に動作していることを確認します。埃やポケットの糸くずが原因となることも多いほか、自分の手でマイクを誤って塞いでしまうこともよくあります(特にマイクの場所を認識していない場合)。

  2. スピーカーフォンモードとハンドセットモードを切り替えます。
    一部のデバイスでは、ハンドセットモードとスピーカーフォンモードで別々のマイクを使用します。別のモードに切り替えてみてください。スピーカーフォンモードからハンドセットモードに切り替えるには、最初にビデオボタンをタップしてビデオをオフにし、次にスピーカーフォンボタン をタップします。

    .
  3. エコーを減らします。
    Androidデバイスでは、特にスピーカーフォンモードの場合に、エコーの問題がよく発生します。通常、エコーは認識できる音声ではなく、「バースト」として聞こえてきます。友達側でエコーが聞こえる場合は、自分のデバイスの再生音量を下げると問題が改善される場合があります。または、ヘッドフォンやヘッドセットを使用してみてください。

自分と友達の両方が相手の姿がまったく表示されない場合や、画像の品質が悪い場合(暗すぎる、ぼやけている、画素化される、フリーズするような場合)は、次のヒントを参考にしてください。

  1. ビデオがオンになっていることを確認します。
    ビデオ通話を使用している場合は、ビデオがオンになっていることを確認します。場合によっては、帯域幅の使用を抑えるために、Skypeが自動的にビデオをオフにすることがあります。次のようにボタン上に線が引かれている場合はビデオがオフになっています。


    ボタンをタップしてビデオをオンに切り替えます。
  2. この記事の最初にあるヒントに従って操作します。
    モバイルデバイスで発生するビデオの問題のほとんどが、インターネット接続による問題によって発生します。接続速度をチェックし、自分と通話相手の両方が最新バージョンのSkypeを使用していることを確認してください。それでも問題が発生する場合は、ビデオをオフにし、音声通話を行うことをお勧めします。

  3. 光の条件を改善します。
    部屋が明るいと、通話のビデオ品質が大きく向上することがあります。たとえば、自分の背後からWebカメラに向かって明るい光が放射されると、暗くのっぺりとした顔で相手側に表示されます。室内が暗すぎる場合は、Webカメラが画像の明るさを増幅しようとし、ビデオの品質が低下します。最良の結果を得るには、周囲を十分明るくし、逆光にならないようにしてください。屋外にいる場合は、多少条件が厳しくなります。携帯電話やタブレットを自分と太陽の間に配置するか、手を使ってカメラに影を作ってみてください。

上記のヒントをすべて実行したにもかかわらず、Androidでの通話品質の問題が改善されない場合は、Skypeコミュニティで質問してみてください。

Skypeが完全に動作することを確認済みのデバイスをお探しですか?Skype用の最適なモバイルデバイスのリストをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

はい。 いいえ。

本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。

コミュニティに質問

Skype コミュニティで、「通話とビデオの問題」についての話題をチェックしましょう。

会話に参加する

ヘルプをご希望ですか? サポート チームにお問い合わせください。 今すぐチェック