ヘルプ Windows Desktop

Skype管理アカウントから個人アカウントへの移行

2016年3月29日以降、Skype管理アカウントは個人アカウントに移行されます。この日以降も、引き続きSkype Managerを使用してSkype Managerグループを作成できます。変更内容や、この移行による影響について詳しくは、次のFAQをご覧ください。

Skype Managerとは?
管理アカウントとは何ですか?管理アカウントを使用しているかどうかは、どうすればわかりますか?
Skype Managerにはどのような変更が予定されていますか?
Skype Managerは引き続きサポートされますか?
個人アカウントにはどのような利点がありますか?
移行前にやっておくべき操作はありますか?
管理アカウントを個人アカウントに移行するとどうなりますか?
移行後に既存のSkypeクレジット残高と月額プランはどうなりますか?
私はビジネスを経営していますが、管理アカウントの機能と同様の機能を使用したい場合はどのようなオプションがありますか?
個人アカウントでのキー操作を教えてください。


Skype Managerとは?

Skype ManagerはWebベースの管理ツールで、自宅や何人かのユーザで組織される小規模ビジネスにおいて、Skypeの設定、管理、使用状況レポートの作成を行うことができます。Skype Managerごとに管理者を設定します。

現在、Skype Manager管理者はSkypeアカウント(管理アカウント)を作成、設定、制御できます。さらに、Skype Manager管理者は既存のSkypeアカウントを、会社のSkype Managerのメンバーとして追加できます。

Skype Manager管理者は、Skype機能(Skypeクレジット、携帯原話や固定電話に通話するための月額プラン、Skype番号、通話転送、ボイスメール)を購入して、他のSkype Managerメンバーに割り当てることができます。Skype Manager管理者は、会社レベルや個人レベルで支出明細や使用状況レポートを作成できます。




管理アカウントとは何ですか?管理アカウントを使用しているかどうかは、どうすればわかりますか?

管理アカウントは、Skype Manager管理者が作成、維持するアカウントです。管理アカウントは、Skype Managerリストに特殊なアイコン で表示されます。Skype Managerでメンバーリストを参照する際に、フィルタを使用して管理アカウント(ビジネスアカウント)のみを表示させることができます。



Skype Managerにはどのような変更が予定されていますか?

Skype機能の購入管理や割り当てを行う管理者やユーザは、引き続きSkype Managerをご利用いただけます。変更点は、管理アカウントが個人アカウントに移行される点です。個人アカウントはSkypeコンシューマアカウントであり、コンシューマの利用規約の対象となります。

機能の購入や割り当てなど、Skype Managerの他の管理機能は、個人アカウントに移行後も同様に使用できます。


Skype Managerは引き続きサポートされますか?

はい。Skype Managerは既存ユーザや新規ユーザに対して引き続き提供され、個人アカウントへの移行後もサポートされます。

詳しくは、Skype Managerの使用方法をご確認ください。


個人アカウントにはどのような利点がありますか?

個人アカウントを使用することによって、ユーザはさらに柔軟にSkypeをご利用いただけるようになります。ユーザが直接、自分の個人設定を変更したり、クーポンを利用したり、さまざまなSkype機能を購入したりできます。


移行前にやっておくべき操作はありますか?

特に操作は必要ありません。ただし、管理アカウントユーザは自分のアカウントにサインインして、有効かつアクセス可能なメールアドレスがプロフィールに設定されていることを確認するよう強くおすすめします。このメールアドレスは、個人アカウントへの移行後にパスワードをリセットする際に使用されます。


管理アカウントを個人アカウントに移行するとどうなりますか?

移行前に、Skype Manager管理者は管理アカウントから割り当てられているSkype番号とSkypeクレジットを戻します。

移行後に管理アカウントは個人アカウントに変わります。これまでアカウントで実行できた、Skype Manager管理者の管理機能はすべて実行できなくなります。Skypeクレジットの金額、月額プラン、Skype番号を個人アカウントに割り当てることはできますが、パスワードをリセットしたり、これらのアカウントを削除することはできなくなります。

個人アカウントへの移行後、Skype Manager管理者は、個人アカウントに関連付けられていた割り当て済み月額プラン、Skypeクレジット、Skype番号を取得できなくなったり、管理アカウントに関連付けられていたコンテンツや素材にアクセスできなくなる場合があります。


移行後に既存のSkypeクレジット残高と月額プランはどうなりますか?

個人アカウントに移行した場合でも、移行前にキャンセルしたりSkype機能の削除を行わない限り、個人アカウントユーザの既存のSkypeクレジット残高やSkype機能の月額プランが影響を受けることはありません。

詳しくは、Skypeクレジットの管理方法をご確認ください。


私はビジネスを経営していますが、管理アカウントの機能と同様の機能を使用したい場合はどのようなオプションがありますか?

Microsoft Office 365サービスに付属するSkype for Businessには、管理アカウントの機能に似た機能が備わっています。Skype for Businessでは、ユーザのアカウントの作成やプロフィール情報の管理のほか、アカウントのパスワードのリセットなどの管理タスクを実行できます。さらに、Skype for BusinessとSkypeは外部接続(フェデレーション)をサポートしているため、両方のシステムで連絡先を検索し、これらの連絡先とIM経由で通信したり、Skype同士で音声通話やビデオ通話を行ったりできます。


個人アカウントでのキー操作を教えてください。

  • 個人アカウントでのパスワードのリセット

    これまでは、Skype Manager管理者が管理アカウントのパスワードをリセットできましたが、今回の移行により、パスワードのリセット手順を開始できるのはエンドユーザのみとなりました。
    詳しくは、パスワードのリセット方法をご確認ください。

  • 通話履歴と使用履歴の表示

    管理アカウントの場合、Skype Manager管理者は特定のユーザの通話履歴と使用履歴をデフォルトで表示できます。移行を行うと、ユーザ側から管理者に対して使用情報を表示するための許可を明示的に付与する必要があります。ユーザによる許可が得られない場合、Skype Manager管理者はユーザの現在のSkypeクレジット残高しか表示できません。ユーザに使用履歴や通話履歴の表示に同意してもらうには、ユーザに自分のアカウントにサインインして、「詳細アクティビティレポート」セクションで「同意する」チェックボックスをオンにし、「設定の保存」をクリックするように依頼します。


この記事は役に立ちましたか?

はい。 いいえ。

本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。

コミュニティに質問

Skype コミュニティで、「月額プラン」についての話題をチェックしましょう。

会話に参加する

ヘルプをご希望ですか? サポート チームにお問い合わせください。 今すぐチェック