ホーム Skype for Linux

    Skype for Linux Betaについて

    Skype for Linux Betaは、新しいバージョンのSkype for Linuxです。 このエディションでは、最終バージョンでリリース予定の機能が一部未実装となっています。

    Skype for Linux Betaをご利用の場合には、このバージョンのテスト、新機能の実装順位の策定、フィードバックにぜひご協力ください。 フィードバックはSkypeコミュニティまたはヘルプメニューの [フィードバック] ボタンからお送りいただけます。たくさんのフィードバックをお待ちしております。 これは、ユーザの操作性と通話の接続状況や信頼性の改善に役立ちます。
    詳しくは、以下をご覧ください。

    Skype for Linuxをベータ版として提供しているのはなぜですか?

    このバージョンのSkypeをユーザの皆様にいち早くお届けするためです。 現時点ではSkypeの機能がすべて揃っているわけではないものの、Linuxユーザのお客様にこのクライアントのテストにご協力いただき、フィードバックを集めることができれば、今後数か月の間にフル機能版の提供を開始できると考えています。

    このソフトは、オープンソースですか?
    いいえ。Skype for LinuxはマイクロソフトのWebベースクライアントを基盤として開発しており、Linuxユーザの方々に対してソースコードの公開はしていません。

    Skype for Linux Betaを入手するにはどうすればよいですか?
    Skype for Linux BetaをSkypeダウンロードページから直接ダウンロードしていただけます。 Debian/Ubuntuディストリビューション用に64ビットDEBバージョン、およびFedoraやその他のディストリビューション用に64ビットRPMバージョンを公開しています。 Skype for Linux Betaの更新プログラムの詳細については、 Skype コミュニティをご覧ください。

    更新プログラムを受信する方法を教えてください。

    従来のSkype for Linuxクライアントとは違い、Betaバージョンではhttps://repo.skype.comにある正規の更新プログラムのリポジトリを使用しているため、標準のOS更新からアプリケーションの更新プログラムを自動的に入手します。 更新プログラムがインストールされた後にアプリケーションを再起動することで、すべてが完全にアップグレードされるようにしてください。 更新プログラムを入手していることを確認する場合、システム更新プログラムのリポジトリを確認してください。

    Skype for Linux Betaにテストが実施されているシステム構成はどれですか?
    Skype for Linux Betaには、以下のLinuxディストリビューションで動作テストを実施しました。

    • Ubuntu 16.04+
    • Debian 8.5+
    • Fedora 24+
    • OpenSuse KDE 13.2+
    • OpenSuse Leap 42.1+ KDE

    また、デスクトップ環境についても、 これまでに Gnome、Unity、Mate、Cinnamon、KDEでの動作をテスト済みです。ただし、使用感には環境による差があり、ご利用の環境によっては (通知などの) 一部の機能を利用できないこともありますのでご注意ください。

    このほか、Skype for Linux Betaで資格情報を保存するには、現在、gnome-keyringとlibgnome-keyring0の2つのパッケージが必要になります。 どちらも、Skype for Linux Betaの依存パッケージとしてインストールが必要です。


    注意:

    • libgnome-keyring0がないと、アプリケーションが起動しません。 アプリケーションが起動しない場合には、このパッケージがインストールされているかどうかを確認してください。
    • アプリケーションを起動するたびに資格情報の入力を求められる場合には、システムにgnome-keyringパッケージをインストールしていないか、gnome-keyring-daemonが起動していないかのどちらかが原因です。 この2つの条件を満たしていることを確認してください。
    • Fedoraでは、gnome-keyring-daemonに関して問題が確認されています。 この問題は、gnome-keyring 3.18.2を使った場合に発生していたものであり、 3.18.3では解消しています。

    Skype for Linux Betaは32ビットシステムと64ビットシステムのどちらで動作しますか?
    Skype for Linux Betaは64ビットシステムのみを対象に開発を進めています。 コミュニティの反響によっては、将来的に32ビットバージョンをリリースする可能性もあります。

    往来のSkype for Linuxクライアントと比べて、どの機能が実装されていませんか?

    Skype for Linux Betaでは、現在、グループビデオ通話と発信画面共有がサポートされていません。 できるだけ早くこの機能を追加できるように取り組んでおります。 当面はLinux Software Updaterから更新プログラムをプッシュし、変更点を Skypeコミュニティでお知らせする予定です。

    Skypeと固定電話や携帯電話との間で通話は可能ですか?

    はい。

    Skype for Linux Betaはどの言語に対応していますか?
    イタリア語
    ウクライナ語
    オランダ語
    スウェーデン語
    スペイン語
    ドイツ語
    ヒンディー語
    フランス語
    ポルトガル語 (ブラジル)
    ロシア語
    中国語 (簡体字)
    英語

    Skype for LinuxとSkype for Linux Betaは同時に使用できますか? この2つは、別個のアプリなのでしょうか? 着信があった場合には、両方から呼び出しがあるのでしょうか?

    この2つは別個のアプリであるため、併用が可能です。 ただし、2つの間では通知が最適化されていないため、着信時には呼び出し音が二重で鳴ることになります。

    チャット履歴は移行できるのでしょうか?

    Skype for Linux Betaでは、会話の履歴を過去30日分まで見ることができます。 この時間枠を拡大できるように取り組んでいます。

    往来のバージョンのSkype for Linuxの会話履歴をバックアップする場合、エクスポーターツールを使用して、HTML形式で保存できます。 アプリケーションメニューの [ツール] > [Export chat history from Skype 4.3 ] (Skype 4.3からチャット履歴をエクスポート) で使用できます。

    通話の相手側で必要になるのは、どのバージョンのSkypeクライアントでしょうか?

    相手側のプラットフォームで利用可能な最新のバージョンを使用していることをご確認ください。

    受信画面共有を表示するにはSkype for Windows 7.33以降、またはSkype for Mac 7.46以降を使用している必要があります。

    2つのアカウントで同時にSkype for Linux Betaを使用することはできますか?

    はい。「--secondary」コマンドライン引数でセカンダリインスタンスを開始できます。

    アプリケーションを自動的に開始したり、最小化したり、トレイに収納したりできますか?

    はい。これらのオプションは [ツール] メニューで見つけることができます。

    使用するカメラやマイクロフォンを選ぶことはできますか?

    通話の際、デバイス選択の設定を見つけることができます。 +アイコンをクリックして [音声とビデオの設定] を選択します。

    ネットワークプロキシからSkype for Linux Betaを使用できますか?

    Skype for Linux Betaでは、システムHTTPSプロキシの基本的なサポートを提供しています。 次の形式を使用して、HTTPS_PROXY環境プロパティから構成します。
    https_proxy=http(s)://username:password@hostname:port
    username (ユーザー名)、password (パスワード) およびport (ポート) 部分は必須ではありません。 ユーザー名およびパスワードを提供する場合、URLにエンコードすることをお勧めします。

    Skype for Linuxでグループ通話の着信時に発生していた問題は、Skype for Linux Betaでは修正されているのでしょうか?
    はい。Skype for Linux Betaでは、グループ通話の着信に関する問題を修正済みです。 通話の相手となる人物が、最新バージョンのSkypeを使用していることを確認してください。

    Skype for Linux Betaで既存のSkype for Linuxクライアントと通話できないのはなぜですか?
    Skype for Linux Betaでは通話の信頼性を高めるため、クラウドベースの新しいアーキテクチャを採用しています。また、新しいアーキテクチャには、Skype for Linux 4.3で使用している従来のアーキテクチャよりも格段に早く新機能を開発できるというメリットも存在します。 Skype for Linux 4.3が段階的に廃止されていくため、移行期間中に相互運用性の問題が発生する場合があります。


    だれかから着信があった場合に "This person tried to contact you but there was a problem connecting the call, try calling them back" (この人物から着信がありましたが、通話の接続に問題が発生しました。こちらから掛け直してみてください) というメッセージが表示されるのはなぜですか?
    このエラーは、旧バージョンのSkypeを使っている人物から着信があった場合に表示されることがあります。

    グループビデオ通話ができません。
    現在、すべての主要Skypeクライアント間での1対1のビデオ通話はサポートされています。 ただ、グループビデオ通話の追加は現在も開発中です。 現段階では、グループ通話は音声のみでご利用いただけます。

    インストールや更新の最中に、"Signature verification failed" (署名の確認に失敗しました) というエラーが表示されます。 どうすればよいですか?
    Skype更新プログラムのリポジトリは署名され、HTTPSを使用します。 Ubuntuでこのエラーが表示される場合、次のコマンドを試してください。

    コード抜粋
    うまくいかない場合は "sudo c_rehash" コマンドを実行してみてください。

    トレイアイコンが表示されません。 解決方法を教えてください。
    本アプリケーションはGtkStatusIconまたはlibappindicator1を使用してアプリケーションインジケーター (トレイアイコン) を表示します。 これがインストールされていることを確認してください。

    今後は、Skype for Linux のサポートは継続する予定ですか?
    はい。このプラットフォームには引き続き取り組んでいきます。 Linuxユーザのお客様は、私たちにとってきわめて重要なお客様です。

    どのようにしてSkype for Linux Betaのフィードバックを送信できますか?
    Skype コミュニティへの投稿のほか、ヘルプメニューの [フィードバック] ボタンや、Twitterでハッシュタグ#skypefeedbackをご利用いただけます。


    デバッグ用の情報やログを送りたいのですがどのようにすればよいでしょうか?
    私たちは常に、ユーザーの皆様からのフィードバックをお待ちしております。 アプリの既定の設定では、ログの記録が有効になっていません。ログファイルを作成するには、まずログの記録を有効にする必要があります。 ログファイルを作成すると、Skypeプライバシーポリシーに従って、ログファイルに特定の個人データが格納されます。 収集したデータは、問題を分析と解決に使用します。 ログファイルには、会話、音声、ビデオメッセージなどのデータは含まれません。

    問題が発生した場合には、以下の手順に従ってください。

    1. Ctrl+Shift+Alt+Dを押して、デバッグメニューを有効にします
    2. デバッグメニューの [ログを有効にする] をクリックします。
    3. 前と同じ手順から、問題を再現してみてください。
    4. バグを再現できたら、ログを収集します。
      • アプリケーションログは ~/.config/skypeforlinux/logs (ホームディレクトリの .config/skypeforlinux/logs) にあります。
      • このフォルダから、アーカイブを作成します。 たとえば、次のようになります。
        $ tar -zcvf skypeforlinux-logs.tar.gz
      • アーカイブの作成中にアプリを実行しているとファイルの内容が変わることがあるため、アプリの終了が必要になることがあります。
    5. 完了した後は、デバッグメニューの [ログを無効にする] をクリックします。
    6. Skypeコミュニティから、問題に関するフィードバックをお送りください。ログが必要な場合には、エンジニアからご連絡いたします。

    この記事は役に立ちましたか?

    はい。 いいえ。

    本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

    重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。