Skype ヘルプ

    診断データとは何ですか。また、Skype でどのように使用されますか?

    検索結果に戻る

    診断データは、Skype のセキュリティと最新の状態を維持し、問題の検出、診断、修正、製品の改善にも使用されます。 このデータには、ユーザーの名前や電子メール アドレス、ユーザーのファイルの内容は含まれません。

    この診断データは収集され、ユーザーのデバイスで実行されている Skype クライアント ソフトウェアについて Microsoft に送信されます。 一部の診断データは必須ですが、一部の診断データは省略可能です。 プライバシー制御を使用して、必要な診断データとオプションの診断データのどちらを送信するかを選択できます。

    必要なデータ は、Skype をセキュリティで保護し、最新の状態に保ち、インストールされているデバイスで期待どおりに実行するために必要な最小限のデータです。

    必要な診断データは、デバイスまたはソフトウェアの構成に関連する可能性がある Skype の問題を特定するのに役立ちます。 たとえば、Skype 機能が特定のオペレーティング システムバージョンでクラッシュする頻度が高いかどうか、新しく導入された機能、または特定の Skype 機能が無効になっているかどうかを判断するのに役立ちます。 必要な診断データは、ユーザーへの影響が軽減されるように、これらの問題をより迅速に検出、診断、および修正するのに役立ちます。

    必要なサービス データ は、Skype 接続エクスペリエンスを提供および向上させ、セキュリティで保護され、最新の状態に保つ上で必要なデータです。

    省略可能なデータ は、製品の改善に役立つ追加データであり、問題の検出、診断、修正に役立つ強化された情報を提供します。

    オプションの診断データを送信することを選択した場合は、必要なサービス データと必要なサービス データも含まれます。

    次の種類の診断データが収集されます。

    すべてのイベントに共通の属性。

    • Skype_InitiatingUser_IsGuest - ユーザーがゲスト ユーザーかどうかを示します。 ゲスト ユーザーと登録済みユーザーのエクスペリエンスが異なるため、重要です。
    • Skype_InitiatingUser_Username - 匿名化 (ハッシュ) された一意のユーザー ID。 ユーザーの影響と Skype の使用状況の統計情報に基づいて、コア正常性メトリックを確立できます。
    • ShellType - Skype クライアントのシェルの種類 (ReactNative、Electron)。 シェルの種類に基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • PlatformType - プラットフォームの種類 (Android、Windows、...)。プラットフォームに基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • バージョン - テレメトリを特定の Skype バージョンに関連付けるために使用されます。 これは、バージョンの正常性を確立するのに役立ちます。
    • Platform_Id - プラットフォームの種類の数値 ID (1418 - Web、1419 - Android など)。 プラットフォーム ID に基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • Platform_Uiversion - Skype のバージョン番号と組み合わされたプラットフォーム ID。 プラットフォームとバージョンのピボットに基づいてデータを分類できます。
    • session_id - 現在のセッションの一意の ID。 さまざまなことの影響について理解を深めることができます。 たとえば、これに基づいて "クラッシュフリー セッション メトリック" を確立できます。
    • ChatEndpointId - 一意のメッセージング エンドポイント ID。 デバイス、セッション、または Web ブラウザータブごとに一意です。 これにより、問題を関連付けるか、メッセージングと通知のメトリックを特定のデバイス、セッション、および Web ブラウザー タブに確立できます。
    • NetworkType - ネットワークの種類 (WiFi、3G、...)。ネットワークの種類に基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • ecs_etag - アプリケーションによって使用される構成の識別子。
    • AppInfo.ExperimentIds - 特定の機能バージョンのすべての識別子の一覧。
    • DeviceInfo.Model - デバイスのモデル。
    • DeviceInfo.Make - デバイスの製造元。
    • AppInfo.Version - テレメトリを特定の Skype バージョンに関連付けるために使用されます。 これは、バージョンの正常性を確立するのに役立ちます。
    • AppInfo.Language - Skype 表示言語。 表示言語に関連する問題を認識できます。
    • UserInfo.Language - ユーザーがオペレーティング システムまたはデバイスの表示言語を構成しました。 オペレーティング システム/デバイス言語に関連する問題を認識できます。
    • UserInfo.TimeZone - ユーザーが構成したタイム ゾーン。
    • UserInfo.Id - 匿名化 (ハッシュ) された一意のユーザー ID。 ユーザーの影響と Skype の使用状況の統計情報に基づいて、コア正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.OsName - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    • DeviceInfo.OsVersion - オペレーティング システムのバージョン。 オペレーティング システムのバージョンに関連する問題を認識できます。
    • DeviceInfo.Id - 特定のデバイスを一意に識別する ID。 さまざまなことの影響について理解を深めることができます。 たとえば、一部の問題が 1 つまたは複数のデバイスのみに影響している場合です。
    • DeviceInfo.BrowserName - ブラウザー名 (Edge、Chrome、...)。Web ブラウザーに基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.BrowserVersion - ブラウザーのバージョン。 Web ブラウザーのバージョンに基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • EventInfo.Name - このテレメトリ イベントの名前。
    • EventInfo.SdkVersion - SDK バージョンのテレメトリ管理システム (ARIA)。
    • EventInfo.Source - コード内のインストルメンテーション ポイントを識別するために使用される、ライブラリやコンポーネントなどのクライアント固有のサブコンポーネント名。
    • EventInfo.Time - このイベントが発生したクライアントの UTC 時刻。

    必要なイベント。

    mdsc_call_quality_feedback

    通話後にランダムに質問された通話品質アンケートからのフィードバック。 これらのフィードバックは、通話品質が安定していることを確認するために監視されます。

    • call_mos_score - 通話の品質評価。
    calling_call_entry_point

    アプリケーションのさまざまな領域で開始された呼び出しの正常性を測定するために収集されます。

    • 配信元 - アプリ内で呼び出しが開始された場所を追跡します。
    • CallId - この呼び出しを一意に識別する ID。
    • IsRejoiningCall - ユーザーが進行中の呼び出しに再参加している場合に追跡します。
    calling_background_effects_settings

    通話中のバックグラウンド効果の使用状況と正常性を測定するために収集されます。

    • EffectType - 使用されている背景効果を定義します。
    • HasActiveCall - アクティブな呼び出し中にバックグラウンド効果が変更されたかどうかを追跡します。
    • IsPredefinedImage - バックグラウンド効果イメージがアプリケーションによって事前に定義されているかどうかを判断します。
    • PredefinedImageName - 選択された定義済みの背景効果イメージの名前。
    calling_action

    呼び出し中にユーザーが実行する可能性があるさまざまなアクションを追跡するためのベースとして使用される多目的イベント。

    calling_action イベントの一般的な属性。

    • アクション - 現在追跡されている呼び出しアクションの名前。
    calling_action(CallCaptioningEvent)

    通話キャプションセッションの詳細 (開始、停止、合計長、言語) を収集して、翻訳/クローズド キャプションの呼び出し機能が機能していることを確認します。

    • Action - CallCaptioningEvent。
    • IsAutoJoin - 呼び出しキャプションが自動的に開始されたかどうかを示します ([設定] のすべての呼び出しに対してユーザーが有効な開始サブタイトル)。
    • CaptioningLengthSeconds - 呼び出しごとのユーザーごとの通話キャプション セッションの合計期間。
    • FirewallCaptionReceivedLengthSeconds - キャプションの開始から最初のキャプションの受信までの経過時間。
    • CallId - この呼び出しを一意に識別する ID。
    • CaptioningSessionId - 現在のキャプション セッションを一意に識別する ID。
    • SpokenLanguage - 通話翻訳またはキャプションの音声言語としてユーザーが選択した言語コード。 使用状況と正常性の監視に使用されます。
    • SubtitleLanguage - 通話翻訳またはキャプションのサブタイトル言語としてユーザーが選択した言語コード。 使用状況と正常性の監視に使用されます。
    • OtherSpokenLanguage - ユーザーが電話通話翻訳の cas で通話参加者の話し言葉として選択した言語コード。 使用状況と正常性の監視に使用されます。
    • FirstCaptionReceivedLengthSeconds - 通話キャプション機能を開始した後に最初の通話キャプションを受信する時間。 正常性の監視とサービスの改善の検証に使用されます。
    • StartMessageClickedCount - キャプションの開始メッセージがクリックされた回数。
    calling_action(CallPstnTranslationLanguageChangeEvent)

    電話通話翻訳の翻訳が機能していることを確認するために、翻訳された電話通話中に通話翻訳言語の変更の詳細 (古い言語と新しい言語を選択) を収集します。

    • CallId - この呼び出しを一意に識別する ID。
    • CaptioningSessionId - 現在の翻訳セッションを一意に識別する ID。
    • PrevLanguage - 現在電話の翻訳に使用されている言語。
    • 言語 - 電話の翻訳に使用する新しい言語。
    • IsLocal - 言語の変更がローカル (Skype) ユーザーまたはリモート (電話) ユーザーに適用されているかどうかを決定します。
    calling_action(AddBotToCallInitiated)

    呼び出し試行にボットを追加します。

    • BotType - 呼び出しに追加するボットの種類 (Translator/Recording/Audience/GridView)。
    • CallId - Skype システム内でこの呼び出しを一意に識別する ID。
    calling_action(AddBotToCallSucceeded)

    成功イベントを呼び出すボットの追加を追跡します。

    • BotType - 呼び出しに追加するボットの種類 (Translator/Recording/Audience/GridView)。
    • CallId - Skype システム内でこの呼び出しを一意に識別する ID。
    • AddBotDurationInMs - 呼び出しにボットを追加する時間。
    calling_action(AddBotToCallFailed)

    失敗イベントを呼び出すボットの追加を追跡します。

    • BotType - 呼び出しに追加するボットの種類 (Translator/Recording/Audience/GridView)。
    • CallId - Skype システム内でこの呼び出しを一意に識別する ID。
    • AddBotDurationInMs - 呼び出し試行の失敗にボットを時間追加します。
    • ErrorCode - エラー コードを呼び出すボットを追加します。
    calling_action(PinCallParticipant)

    通話参加者のピン留めを測定して、機能が動作していることを確認します。

    • CallId - ピン留めが発生した呼び出しの ID。
    calling_action(UnpinCallParticipant)

    通話参加者のピン留めを測定して、機能が動作していることを確認します。

    • CallId - ピン留めが発生した呼び出しの ID。
    calling_action(ToggleCallTty)

    通話画面の上部にあるユーザーとパネルの切り替えが追跡され、機能が機能していることを確認します。

    • CallId - パネルの切り替えが発生した呼び出しの ID。
    • WasHidden - パネルが非表示または表示されたかどうかを示します。
    camera_action(Mediacaptured)

    キャプチャされたメディア ファイルの概要。カメラとギャラリーエクスペリエンスの正常性を監視します。

    • MediaCount - キャプチャされたイメージ ファイルの数を指定します。
    • 成功 - メディア ファイルが正常にキャプチャされたかどうかを示します。
    • FailureReason - 失敗した場合にメディア キャプチャが失敗した理由を指定します。
    • ソース - メディアのソース (特定のカメラの実装など) を指定します。
    • Action - 現在追跡されているカメラ アクションの名前。
    Office_Lens_LensSdk_LaunchLensAndroid

    Android 上のカメラとギャラリーの機能を確保するために測定されます。

    • SessionId - アプリの各セッションを追跡する識別子。
    • LensSdkVersion - アプリで実行されている SDK のバージョン。
    • TelemetryEventTimestamp - このイベントまたはアクションが完了した時刻。
    • CurrentWorkFlowType - ユーザーが画像のキャプチャ、編集、保存などを行ったかどうかを説明します。
    • CameraXBindUsecasesToPreview - カメラ のプレビューをユーザーに表示する際のカメラ ライブラリの所要時間。
    • IsEmbeddedLaunch - ユーザーがピクチャインピクチャ モードでコントロールを起動したかどうかを示すブール型フィールド。
    • RecoveryMode - アプリの強制終了後にこのセッションが回復されたかどうかを示すブール型フィールド。
    • IsDexModeEnabled - デバイスが Samsung Dex 機能をサポートしているかどうかを示すブール値。
    • IsInterimCropEnabled - ユーザーが各画像を手動でトリミングすることを選択したかどうかを示すブール型フィールド。
    • IsMultiWindowEnabled - 分割画面でアプリを実行できるかどうかを示すブール型フィールド。
    • IsTalkBackEnabled - デバイスがアクセシビリティ モードであるかどうかを示すブール値。
    • SDKMode - イメージがキャプチャされたモード。
    • CameraXBindUsecasesApi - カメラ ライブラリがカメラを起動する前に初期化にかかった時間。
    • LaunchPerf - アプリの起動にかかった時間を示す整数。
    Office_Lens_LensSdk_SaveMediaAndroid

    Android 上のギャラリーから写真/ビデオを撮影し、メディア ファイルを選択する機能を確保するために測定されます。

    • SessionId - アプリの各セッションを追跡する識別子。
    • LensSdkVersion - アプリで実行されている SDK のバージョン。
    • TelemetryEventTimestamp - このイベントまたはアクションが完了した時刻。
    • CurrentWorkFlowType - ユーザーが画像のキャプチャ、編集、保存などを行ったかどうかを説明します。
    • MediaId - 操作の成功を追跡するのに役立つ画像の識別子。
    • FileSizeBeforeCleanUp - キャプチャされたサイズの量を把握するために、アプリによってクリーンアップされる前のファイルのサイズ。
    • ImageWidthBeforeCleanUp - アプリによってクリーニングされる前のイメージの幅。
    • ImageHeightBeforeCleanUp - アプリによってクリーニングされる前の画像の高さ。
    • FileSizeAfterCleanUp - クリーンアップ後に達成された圧縮の量を理解するために、アプリによってクリーンアップされた後のファイルのサイズ。
    • ImageWidthAfterCleanUp - アプリによってクリーニングされる前のイメージの幅。
    • ImageHeightAfterCleanUp - アプリによってクリーニングされた後の画像の高さ。
    • ソース - 画像のソースの元を定義します。たとえば、カメラ経由でキャプチャされた場合、ギャラリーからインポートされた場所などです。
    • ProcessMode - ユーザーによるイメージの保存時のユーザーのモード。
    • フィルター - イメージに適用されるフィルター。
    • FileSizeAfterSave - ユーザーが保存した後のファイルのサイズ。保存後に達成された圧縮の量を把握します。
    • 理由 - エラーの説明。
    • 期間 - 記録されたビデオの合計期間。
    • TrimmedDuration - トリミングされたビデオの期間。
    • OriginalVideoFileSize - ビデオ ファイルが最初に保存されたときのサイズ。
    Office_Lens_LensSdk_LaunchLensiOS

    iOS 上のカメラとギャラリーの機能を確保するために測定されます。

    • Lens_SessionId - アプリの各セッションを追跡する識別子。
    • version - アプリで実行されている SDK のバージョン。
    • currentWorkflowId - ユーザーが写真、ドキュメントのスキャン、ホワイトボードなどをキャプチャしていたかどうかを説明します。またはテキスト、テーブルなどを抽出する;画像から。
    • LensEventName - イベントの名前、つまりOffice_Lens_LensSdk_SaveMedia。
    • defaultWorkflow - ドキュメント、ホワイトボード、写真、名刺など、カメラが起動された既定のモードについて説明します。
    • imageDPI - メディアがキャプチャされた DPI (低、高メディア) で品質を指定します。
    • isExistingUser - ユーザーが新しいユーザーか既存のユーザーかどうかを指定します。
    • isFirstLaunch - 新しいインストール後にアプリが起動されているかどうかを示すブール値。
    • isResumeSession - アプリが再開で起動されたか、ユーザーが新たに起動したかを指定します。 (ブール型フィールド)。
    • launchReason - カメラまたはギャラリーを使用して起動が行われるかどうかを判断します。
    • launchWorkflowItem - フィールドは、アプリがカメラ画面または編集画面から起動されるかどうかを指定します。
    • mediaCompressionFactor - 画像がアプリによって圧縮される要因。
    Office_Lens_LensSdk_SaveMediaiOS

    iOS 上のギャラリーから写真/ビデオを撮影し、メディア ファイルを選択する機能を確保するために測定されます。

    • Lens_SessionId - アプリの各セッションを追跡する識別子。
    • version - アプリで実行されている SDK のバージョン。
    • currentWorkflowId - ユーザーが写真、ドキュメントのスキャン、ホワイトボードなどをキャプチャしていたかどうかを説明します。またはテキスト、テーブルなどを抽出する;画像から。
    • LensEventName - イベントの名前、つまりOffice_Lens_LensSdk_SaveMedia。
    • mediaId - 操作の成功を追跡するのに役立つ画像の識別子。
    • source - 画像のソースの送信元を定義します。たとえば、カメラ経由でキャプチャされた場所、ギャラリーからインポートされた場所などです。
    • mode - ユーザーによるイメージの保存時のユーザーのモード。
    • filter - イメージに適用されるフィルター。
    • imageSize - ユーザーがイメージを保存した後のイメージの解像度。
    • imageDPI - 保存されたファイル イメージに適用されるイメージの縮小。
    • sizeinPixel - 画像のサイズ (ピクセル単位)。
    • インク - インクが適用された状態で保存される画像の数。
    • TextSticker - テキスト ステッカーが適用された状態で保存されている画像の数。
    • orignalImageSize - ユーザーがキャプチャしたときのイメージのサイズ。
    • processedImageSize - ユーザーが保存したときのイメージのサイズ。
    • VideoEntity - 保存するビデオの数。
    • duration - 記録されたビデオの合計期間。
    Office_Lens_Fallback_Android

    Android 上のフォールバック カメラとギャラリーの機能を確保するために測定されます。

    • モード - イメージがキャプチャされたモード。
    s4l_failure_screen

    失敗画面の呼び出しや SMS エラー画面などの失敗画面機能を追跡するイベント。 PSTN 通話と失敗の画面の正常性を追跡するために使用されます。

    • アクション - 追跡するアクション (画面が開いた、画面が閉じられるなど)。
    • 場所 - イベントがトリガーされるアプリの画面。
    s4l_dialpad

    Dialpad の使用を追跡するイベント。 重要な Dialpad 関数の正常性を追跡するために使用されます。

    s4l_dialpad イベントの一般的な属性。

    • Action - 追跡対象のアクションの名前。
    s4l_dialpad(EmergencyCall)

    ユーザーが緊急電話番号を呼び出したときにトリガーされるイベント。 緊急通話の使用を追跡するために使用されます。

    • アクション - ユーザーが緊急電話番号を呼び出しました。
    s4l_dialpad(E911Acknowledgement)

    ユーザーが緊急 (911) 呼び出しの使用の制限に同意したときにトリガーされるイベント。 緊急通報機能を確保するために使用します。

    • アクション - ユーザーは、緊急 (911) 通話の使用の制限に同意しました。
    s4l_dialpad(E911LocationConsent)

    ユーザー更新プログラムが緊急 (911) 通話の目的で自分の場所を読み取る同意を得た場合にトリガーされるイベント。 緊急通報機能を確保するために使用します。

    • アクション - ユーザーは、緊急 (911) 通話の目的で自分の場所を読み取るための同意を更新しました。
    • IsGranted - 同意が提供されるかどうか。
    s4l_offers(SkypeNumberShareError)

    Skype 番号パネルから Skype 番号を共有できない場合にトリガーされます。 Share 拡張機能エラーのボリュームを追跡するために使用されます。

    • Action - SkypeNumberShareError。
    s4l_payments

    支払いエンドポイント サービスの正常性を確認するために使用されるテレメトリ イベント。 内部エンドポイントまたは外部エンドポイントの購入要求が発生するたびにトリガーされます。

    s4l_payments イベントの一般的な属性。

    • アクション - 支払いの種類ごとに追跡されたアクションの名前。
    s4l_payments(buy_credit_click)

    ユーザーが購入クレジット フローを開始したときにトリガーされる、クレジット購入意図のトラッカー。 購入フローの初期化を追跡するために使用します。

    • IsNative - ネイティブ サービス (iOS) または Skype サービスで購入した場合。
    • 製品 - 販売される製品の製品識別子。
    • ProductCurrency - 販売される製品の通貨。
    • AppStoreCountry - 製品が販売されている AppStore の国。
    • TimeSpent - ユーザーが製品カードに費やした時間。
    • ButtonType - ユーザーが製品カードをクリックしたボタンの種類。
    s4l_payments(buy_subscription_click)

    ユーザーが購入サブスクリプション フローを開始したときにトリガーされる、サブスクリプション購入の意図の追跡者。 購入フローの初期化を追跡するために使用します。

    • IsNative - ネイティブ サービス (iOS) または Skype サービスで購入した場合。
    • 製品 - 販売される製品の製品識別子。
    • ProductCurrency - 販売される製品の通貨。
    • AppStoreCountry - 製品が販売されている AppStore の国。
    • TimeSpent - ユーザーが製品カードに費やした時間。
    • ButtonType - ユーザーが製品カードをクリックしたボタンの種類。
    s4l_payments(buy_skypenumber_click)

    Skype 番号の購入意図のトラッカー。ユーザーが Skype 番号の購入フローを開始したときにトリガーされます。 購入フローの初期化を追跡するために使用します。

    • CountryRegion - 販売される製品の国または地域の識別子。
    • 領域 - 販売される製品の領域識別子。
    • プレフィックス - 販売される製品のプレフィックス識別子。
    • IsNative - ネイティブ サービス (iOS) または Skype サービスで購入した場合。
    • 製品 - 販売される製品の製品識別子。
    • ProductCurrency - 販売される製品の通貨。
    • AppStoreCountry - 製品が販売されている AppStore の国。
    • TimeSpent - ユーザーが製品カードに費やした時間。
    • ButtonType - ユーザーが製品カードをクリックしたボタンの種類。
    s4l_payments(purchase_dialog_open)

    購入フローに属する確認ダイアログのトラッカーが開きます。 購入確認ポップアップが開かれるたびにトリガーされます。

    • アクション - 購入フローに属する確認ダイアログが開きます。
    • DialogId - 開かれている特定のダイアログの識別子。
    s4l_payments(send_credit)

    Skype クレジットギフトフローイベントと手順のトラッカー。 フローが入力されたときにトリガーされ、受益者の適格性が確認され、注文が作成されて配信され、確認メッセージが送信されます。 Skype クレジットギフトフローが正しく動作しているかどうかを追跡するために使用されます。

    • ステップ - Skype クレジットギフトフローの手順 (EligibilityConfirm、Submit、Confirm など) のトラッカー。
    s4l_entitlement(AADCPanelLoaded)

    クレジットの購入または使用に関連する画面で、適切なコンテンツの子の正しい表示を監視します。

    • navigationScreen - 適切なコンテンツ画面が表示された子。
    • infoLinkClicked - ユーザーが情報リンクをクリックした子の適切なコンテンツ画面。
    • Action - 追跡対象のアクションの名前。
    kpi_inapp_activity_start

    イベントは、アプリケーションがフォアグラウンドに取り込まれたときに送信され、アクティブなユーザーが決定されます。 この番号は、インフラストラクチャのスケーリングを通じて可能な限り最高のサービスを提供し、ロールアウトを監視して、お客様がサービスを受け取っているかどうかを確認し、クラッシュの影響を測定するのに役立ちます。

    • Entry_Point - クイック アクションや通知など、Skype がどのようにフォアグラウンドされたかを追跡します。
    • IsUedEventProcessingEnabled - 新しい統合イベント配信サービスのイベントを受信および処理することが有効になっている場合、新しいサービス インフラストラクチャへの移行の正常性を評価するために必要なフラグを追跡します。
    • DeviceInfo_Os_Version - オペレーティング システムのバージョンに関する情報は、潜在的な問題を再現し、理解し、修正するために非常に重要です。
    kpi_message_delivered

    メッセージ配信のエンドツーエンドの信頼性を追跡します。

    • Message_Type - 高レベルのメッセージの種類 (テキスト、写真、ファイル、...)。
    • MessageRawType - 詳細なメッセージの種類 (RichText/Media_Video、RichText/Sms、....
    • CorrelationVector - 分散環境での要求の E2E の暗黙指定に使用される CorrelationVector。
    • Message_Origin - メッセージの到着元のメイン配信元 (ChatSync/Push/LongPoll/Trouter)。
    • OriginsCount - メッセージが到着し、同時に処理されたすべての配信元の数。
    • MessageAlreadySeen - メッセージがこのデバイスに既に到着したかどうかを示すフラグ。
    • Delivery_Timestamp - メッセージ配信のクライアント タイムスタンプ。
    • DeliveryDelay - メッセージ配信とサービスからのメッセージ タイムスタンプの間の時間差。
    • MessageStoreUsed - メッセージストアが使用されたかどうか。メッセージが Trouter を使用して配信された場合。
    • Message_Correlation_Id - システム間の E2E 相関関係に使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • Registration_Id - 一意の通知デバイス登録 ID。
    • Endpoint_Id - 一意のメッセージング エンドポイント ID。
    • Conversation_Id - 一意の会話 ID。
    • Client_Message_Id - 送信者クライアント側で作成されたメッセージ ID。
    • Server_Message_Id - サービスによって割り当てられたメッセージ ID。
    • MriNamespace - 会話相互運用機能、ボット、グループなどの種類を理解するための会話名前空間。
    • ThreadSuffix - スレッド サフィックスは、単に機能固有のグループ (暗号化された oneToOne ...) である可能性があるスレッドの種類を識別するのに役立ちます。
    • DeviceInfo_Os_Version - オペレーティング システムのバージョンに関する情報は、潜在的な問題を再現し、理解し、修正するために非常に重要です。
    browser_calling_support

    呼び出し元モジュールの初期化に失敗したときに送信されます。これは、ブラウザー固有の問題を示している可能性があります。

    • Action - 'BrowserNotSupported' などの初期化の結果。
    • ErrorMessage - 呼び出し元モジュールの初期化中にエラーが発生しました。
    fundamentals_database_error

    ローカル データベースでエラーが発生したときに送信されます。 これらのエラーは、新しいリリースのエラーを修正するために頻繁に確認されます。

    • WebSQLCode - WebSQL エラー コード。
    • SQLiteCode - SQLite エラー コード。
    • メッセージ - エラー メッセージ。
    all_notification

    プッシュ通知の処理に失敗した場合、このイベントは、失敗の数が多い場合に Skype が動作できるように報告します。

    • Action - 通知処理結果のケースの区別 (IncorrectRecipient/NotProcessed/RawContentNotParsed/IgnoreAsDuplicate)。
    • EventType - プッシュ通知イベントの種類の列挙 ID。
    • EventTypeName - プッシュ通知イベントの種類の列挙名。
    • SignedIn - ユーザーがサインインしている場合はフラグを設定します。
    • TimeToProcess - 通知を処理する時間、現在と通知時刻の違い。
    • CorrelationVector - 分散環境での要求のエンド ツー エンドトレースに使用される相関ベクトル。
    push_notification

    プッシュ通知が届いた後に送信されます。 表示された通知の量を受信した通知と比較して、通知システムの正常性を監視するために使用されます。

    • EventType - プッシュ通知イベントの種類 ID。
    • EventCode - プッシュ通知イベントの種類コード。
    • MessageId - サービスによって割り当てられたメッセージ ID。
    • ClientMessageId - 送信者クライアント側に構築されたメッセージ ID。
    • IsMyMessage - 通知が現在のユーザーのメッセージに関連している場合はフラグを設定します。
    • 結果 - 通知処理の結果 (Shown/NotShown/IgnoreAsDuplicate/....
    • MessageCorrelationId - システム間のエンド ツー エンドの関連付けに使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • ErrorCode - 処理中に発生したエラーのコード。
    • CorrelationVector - 分散環境での要求のエンド ツー エンドトレースに使用される相関ベクトル。
    iPad_cred_migiration

    Skype iPhone と iPad アプリのマージにより、資格情報には移行が必要です。 このイベントは移行の状態を送信し、ユーザーが統合バージョンに正常にアップグレードできることを確認します。

    • isDone - 移行が行われたかどうかを示します。
    siri

    このイベントは、Siri がユーザーに代わって Skype 通話を開始したことを示します。 これにより、Skype と Siri の統合が期待どおりに機能するようになります。

    • アクション - 追跡するアクション (検索、呼び出し)。
    engagement_popcard_event

    教育ポップアップとトランザクション ポップアップに関連するイベントのバンドル。 たとえば、"使用期間" が変更された場合の表示通知などです。 これらの情報の配信の正常性を測定するために収集されます。

    engagement_popcard_event イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_VariantId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_Iteration - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • PostMessageReason - フィードバック フォームの読み込みの成功と失敗を追跡します。 お客様が Microsoft に連絡できることを確認するために監視されます。
    engagement_popcard_event(PopCardDelivered)

    このイベントは、ポップアップがシステムからアプリケーションに配信されるときに送信されます。

    • DeliveryTime - ポップアップがシステムからアプリケーションに配信された日時。
    • SentTime - システムからアプリケーションに送信されたポップアップの日時。
    • DeliveryDuration - システムからアプリケーションへのポップアップ配信期間。
    • MessageId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    • MessageCorrelationId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    engagement_popcard_event(PopCardReceived)

    このイベントは、ポップアップがアプリケーションによって検証されたときに送信されます。

    engagement_popcard_event(PopCardDisplay)

    このイベントは、ポップアップがユーザーに表示されるときに送信されます。

    engagement_popcard_event(PopCardTapButton)

    このイベントは、リンクされたドキュメントまたはエクスペリエンスが読み込まれているときに送信されます。

    • buttonIndex - ボタンの一意の識別子。
    engagement_notice_event

    "アラート" パネルの教育およびトランザクション通知に関連するイベントのバンドル。 たとえば、購入クレジット トランザクションが完了したときの通知を表示します。 これらの情報の配信の正常性を測定するために収集されます。

    engagement_notice_event イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_VariantId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_Iteration - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • PostMessageReason - フィードバック フォームの読み込みの成功と失敗を追跡します。 お客様が Microsoft に連絡できることを確認するために監視されます。
    engagement_notice_event(NoticeDelivered)

    このイベントは、通知がシステムからアプリケーションに配信されるときに送信されます。

    • DeliveryTime - 通知がシステムからアプリケーションに配信された日時。
    • SentTime - システムからアプリケーションに送信された通知の日時。
    • DeliveryDuration - システムからアプリケーションへのポップアップ配信期間。
    • MessageId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    • MessageCorrelationId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    engagement_notice_event(NoticeReceived)

    このイベントは、通知がアプリケーションによって検証されたときに送信されます。

    engagement_notice_event(NoticeTapCard)

    このイベントは、リンクされたドキュメントまたはエクスペリエンスが読み込まれているときに送信されます。

    engagement_push_notification_event

    教育およびトランザクション システムの通知に関連するイベントのバンドル。 たとえば、購入クレジット トランザクションが完了したときの通知を表示します。 これらの情報の配信の正常性を測定するために収集されます。

    engagement_push_notification_event イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_CampaignId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_VariantId - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • T_Iteration - イベントをグループ化できる識別子の 1 つ。 配信フローの正常性を測定するために収集されます。
    • PostMessageReason - フィードバック フォームの読み込みの成功と失敗を追跡します。 お客様が Microsoft に連絡できることを確認するために監視されます。
    engagement_push_notification_event(PushNotificationDelivered)

    このイベントは、システムからアプリケーションにシステム通知が配信されたときに送信されます。

    • DeliveryTime - システムからアプリケーションにシステム通知が配信された日時。
    • SentTime - システムからアプリケーションに送信されたシステム通知の日時。
    • DeliveryDuration - システムからアプリケーションへのポップアップ配信期間。
    • MessageId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    • MessageCorrelationId - システムとアプリケーションの間でイベントをグループ化できる識別子の 1 つ。
    engagement_push_notification_event(PushNotificationReceived)

    このイベントは、システム通知がアプリケーションによって検証されたときに送信されます。

    engagement_push_notification_event(PushNotificationDisplayed)

    このイベントは、システム通知がユーザーに表示されるときに送信されます。

    engagement_push_notification_event(PushNotificationTap)

    このイベントは、リンクされたドキュメントまたはエクスペリエンスが読み込まれているときに送信されます。

    engagement_guest_upsell

    次の手順を提案する Meet Now の投稿エクスペリエンスに関連するイベントのバンドル。

    engagement_guest_upsell イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • 型 - クライアントに表示される次の手順の候補の種類。
    engagement_guest_upsell(UpsellPanelPresented)

    次の手順の候補が表示されます。

    engagement_guest_upsell(SisuStarted)

    ユーザーは、次の手順の提案からサインイン/アップ プロセスを開始しました。 ゲスト ユーザー フローからサインイン/アップ プロセスの正常性を測定するために収集されます。

    engagement_guest_upsell(SisuFinished)

    ユーザーは、次の手順の提案からサインイン/アップ プロセスを完了しました。 ゲスト ユーザー フローからサインイン/アップ プロセスの正常性を測定するために収集されます。

    engagement_banner

    教育の次のステップの提案に関連するイベントのバンドル。 教育の次のステップの提案フローの正常性を測定するために収集されます。

    engagement_banner イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • BannerType - クライアントに表示される次の手順の候補の種類。
    engagement_banner(表示)

    次の手順の候補が表示されます。

    engagement_banner(クリック)

    このイベントは、リンクされたエクスペリエンスが読み込まれているときに送信されます。

    engagement_tooltip(ディスプレイ)

    教育ツールヒントが表示されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • TooltipType - クライアントに表示される教育ツールヒントの種類。
    engagement_settings

    ヒント&テクニックのオプトアウトを測定します。 この数は、送信されたヒント&テクニックと比較され、オプトアウトしたユーザーが関与しないようにします。

    • ソース - ヒント&テクニック設定の一意の識別子。
    • IsToggled - 新しいヒント&ユーザーによって変更された値を設定するテクニックです。
    engagement_coach_mark_event

    教育ツールヒントに関連するイベントのバンドル。 たとえば、呼び出し中にさまざまなコントロールを使用する方法についてユーザーを教育するためのツールヒントを表示します。 表示されるツールヒントの正常性を測定するために収集されます。

    engagement_coach_mark_event イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • CoachMarkType - 教育ツールヒントの一意の識別子。
    • エラー - ツールヒントの表示中にエラーが発生した場合のエラーの種類。
    • ErrorDescription - ツールヒントの表示中にエラーが発生した場合のエラーの説明。
    engagement_coach_mark_event(開く)

    教育ツールヒントが開かれたときに送信されます。

    engagement_coach_mark_event(抑制)

    教育ツールヒントが抑制されたときに送信されます。

    join_conversation

    会話に参加しているログイン ユーザーの機能を監視するイベントのバンドル。

    join_conversation イベントの一般的な属性。

    join_conversation(JoinGroupConversation)

    会話への参加の成功に関する情報。 データは、成功率を追跡するために使用されます。

    • ExistingMember - メンバーに参加している場合は、True または false の情報が既に存在します。 データは、潜在的な問題の診断に役立つ既存のメンベラーと新しいメンベラーの成功率を区別するために必要です。
    • IsMeetNowThread - この情報は、新しい種類のクイック会話 "Meet Now" と標準の会話で成功率と潜在的な問題を分離するために使用されます。
    • アクション - 成功した参加やタイムアウトの問題など、招待の状態に関する情報。
    • JoinLinkOrigin - 結合リンクが作成された場所に関する情報。 リンクを作成するすべてのメソッドが正しく動作しているかどうかを確認することが重要です。 検出されないドロップがある場合は、リンクが適切に作成されないことを意味する可能性があります。
    • PreSisu - リンクを使用するときの承認に関する情報。 承認が必要な場合にプロセスに関する潜在的な問題をキャッチするために、true または false 値が渡されます。
    • NavigationConversationOrigin - ユーザーが会話に参加しようとしている配信元に関する情報。 この情報は、特定のフローに関する潜在的な問題を検出するために必要です。
    • BrowserOrigin - ユーザーがクリックしてブラウザーで会話に参加できるリンクを表示するために使用されるメソッドに関する情報。 これは、各メソッドの正常性を追跡するために使用されます。
    • ConversationId - 異なる会話を区別できる情報を使用して、たとえば 10 人のユーザーが同じ会話への参加に問題があったか、10 個の異なる会話が問題の原因であったか、同じ会話に複数の問題がある状況を追跡したかを判断できます。
    join_conversation(AddMemberToThreadError)

    会話への参加に関する問題に関する情報。 送信データは、会話の参加中に発生している問題の種類を追跡するために追跡されます。

    • StatusCode - 状態コードは、サーバーの問題など、参加に関する問題の根本に関する情報を提供する数値です。
    • StatusText - 会話が既に多すぎるか、会話が見つからないため、失敗の原因となった場合に、参加が不可能な状況を追跡するための問題に関する説明情報。
    • ContextId - コンテキスト識別子情報は、報告された 10 件の問題がまったく同じ会話にリンクされているか、または 10 個の異なる会話でこれらの 10 件のレポートが発生したかどうかを識別するために使用されます。
    • ErrorCode - エラー エラー コードは、以前に診断された特定の問題に接続されている数値です。 これは、参加に関する問題に関するレポートをグループ化し、エラーの再保険を監視するために使用されます。
    • ErrorMessage - エラーの説明は、発生した問題に関する説明です。
    • アクション - 成功した参加やタイムアウトの問題など、招待の状態に関する情報。
    • JoinLinkOrigin - 結合リンクが作成された場所に関する情報。 リンクを作成するすべてのメソッドが正しく動作しているかどうかを確認することが重要です。 検出されないドロップがある場合は、リンクが適切に作成されないことを意味する可能性があります。
    • PreSisu - リンクを使用するときの承認に関する情報。 承認が必要な場合にプロセスに関する潜在的な問題をキャッチするために、true または false 値が渡されます。
    • NavigationConversationOrigin - ユーザーが会話に参加しようとしている配信元に関する情報。 この情報は、特定のフローに関する潜在的な問題を検出するために必要です。
    • BrowserOrigin - ユーザーがクリックしてブラウザーで会話に参加できるリンクを表示するために使用されるメソッドに関する情報。 これは、各メソッドの正常性を追跡するために使用されます。
    • ConversationId - 異なる会話を区別できる情報を使用して、たとえば 10 人のユーザーが同じ会話への参加に問題があったか、10 個の異なる会話が問題の原因であったか、同じ会話に複数の問題がある状況を追跡したかを判断できます。
    join_guest

    会話に参加しているゲスト ユーザーの機能を監視するイベントのバンドル。

    join_guest イベントの一般的な属性。

    join_guest(GuestCreationError)

    この情報は、ゲスト ユーザー アカウントの作成に失敗したときに送信されます。

    • RequestId - 要求識別子に関する情報は、何らかの問題が原因でユーザーが会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再発生している問題を検出するために使用されます。
    • TimedOut - 制限時間の超過に関する情報。 データ送信は、唯一の真実または偽である可能性があります。
    • StatusCode - 状態コードは、サーバーの問題など、参加に関する問題の根本に関する情報を提供する数値です。
    • URL - URL アドレスに関する情報は、ゲスト ユーザーが参加に問題があった理由を確認するために使用されます。
    • アクション - ゲストとしての参加の状態に関する情報。各フェーズの問題と成功率を検出できます。 たとえば、会議またはログインの作成時に成功または失敗に関する情報をゲスト試行として送信します。
    join_guest(GuestCreationSuccess)

    この情報は、ゲスト ユーザー アカウントが正常に作成されたときに送信されます。 成功率を計算し、潜在的な問題を検出するために追跡されます。

    • アクション - ゲストとしての参加の状態に関する情報。各フェーズの問題と成功率を検出できます。 たとえば、会議またはログインの作成時に成功または失敗に関する情報をゲスト試行として送信します。
    join_guest(GuestLoginAvailable)

    ゲスト ユーザーとして converstaion に参加する可能性に関する情報。

    • アクション - ゲストとしての参加の状態に関する情報。各フェーズの問題と成功率を検出できます。 たとえば、会議またはログインの作成時に成功または失敗に関する情報をゲスト試行として送信します。
    join_guest(GuestLoginAttempt)

    ゲスト ユーザーが会話に参加しようとした情報。 成功した試行と失敗した試行の成功率を追跡する可能性があるため、追跡することが重要な情報です。

    • アクション - ゲストとしての参加の状態に関する情報。各フェーズの問題と成功率を検出できます。 たとえば、会議またはログインの作成時に成功または失敗に関する情報をゲスト試行として送信します。
    join_guest(GuestMeetingCreationServiceError)

    サービスの問題に起因するゲスト会議の作成エラーに関する情報。

    • RequestId - 要求識別子に関する情報は、何らかの問題が原因でユーザーが会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再発生している問題を検出するために使用されます。
    • TimedOut - 制限時間の超過に関する情報。 データ送信は、唯一の真実または偽である可能性があります。
    • StatusCode - 状態コードは、サーバーの問題など、参加に関する問題の根本に関する情報を提供する数値です。
    • URL - URL アドレスに関する情報は、ゲスト ユーザーが参加に問題があった理由を確認するために使用されます。
    join_link_resolution

    結合リンクを使用する機能を監視するイベントのバンドル。

    join_link_resolution イベントの一般的な属性。

    join_link_resolution(JoinLinkResolutionError)

    結合リンクに関する問題に関する情報。

    • ResolutionError - リンクを使用した参加に関する問題の原因に関する情報。 たとえば、特定のスレッド識別に関する問題が考えられます。
    • アクション - アクションの試行、成功、またはエラーの状態に関する情報。 この情報は、成功率を計算するために使用されます。
    join_link_resolution(ShortIdResolutionServiceSuccess)

    短いリンクの短い識別子の作成に関する情報。 このデータは、成功率を計算し、このサービスの適切な機能を追跡するために送信されます。

    • ShortId - 短い識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再び発生している問題を検出するために使用されます。
    • ConversationId - カバーション識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとした場合に、状況で再び発生している問題を検出するために使用され、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別します。
    • アクション - アクションの試行、成功、またはエラーの状態に関する情報。 この情報は、成功率を計算するために使用されます。
    join_link_resolution(ShortIdResolutionServiceError)

    短いリンクの短い識別子の作成に関する問題に関する情報。 リンクの使用に関する会議への参加に関する問題を明らかにするために追跡されます。

    • RequestId - 要求識別子に関する情報は、何らかの問題が原因でユーザーが会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再発生している問題を検出するために使用されます。
    • TimedOut - 制限時間の超過に関する情報。 データ送信は、唯一の真実または偽である可能性があります。
    • StatusCode - 状態コードは、サーバーの問題など、参加に関する問題の根本に関する情報を提供する数値です。
    • ShortId - 短い識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再び発生している問題を検出するために使用されます。
    • ConversationId - カバーション識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとした場合に、状況で再び発生している問題を検出するために使用され、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別します。
    • アクション - アクションの試行、成功、またはエラーの状態に関する情報。 この情報は、成功率を計算するために使用されます。
    join_link_retrieval

    結合リンクの作成機能を監視するイベントのバンドル。

    join_link_retrieval イベントの一般的な属性。

    • アクション - 結合リンクの取得による成功または失敗に関する情報。
    join_link_retrieval(JoinLinkRetrievalServiceSuccess)

    結合リンクが正常に作成されたときにイベントが送信されます。 この情報は、成功率を追跡するために送信されます。

    • ConversationId - カバーション識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとした場合に、状況で再び発生している成功と問題を検出し、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別するために使用されます。
    • ShortId - 短い識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別しようとすると、状況で再び発生している成功と問題を検出するために使用されます。
    join_link_retrieval(JoinLinkRetrievalServiceError)

    結合リンクが正常に作成されなかったときにイベントが送信されます。 この情報は、サービスの機能に関する問題を検出するために追跡されます。

    • RequestId - 要求識別子に関する情報は、何らかの問題が原因でユーザーが会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別する場合に、状況で再発生している問題を検出するために使用されます。
    • IsTimedOut - 制限時間の超過に関する情報。 データ送信は、唯一の真実または偽である可能性があります。
    • StatusCode - 状態コードは、サーバーの問題など、参加に関する問題の根本に関する情報を提供する数値です。
    • URL - URL アドレスに関する情報は、ゲスト ユーザーが参加に問題があった理由を確認するために使用されます。
    • ConversationId - カバーション識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとした場合に、状況で再び発生している成功と問題を検出し、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別するために使用されます。
    • ShortId - 短い識別子に関する情報は、ユーザーが何らかの問題のために会話に数十回参加しようとして、同じ問題が数十人の異なるユーザーに対して発生している状況と区別しようとすると、状況で再び発生している成功と問題を検出するために使用されます。
    navigation_deeplink(OpenDeepLink)

    外部から Skype 内のターゲットへのアクセス リンクを解決しようとしたときに送信されるイベント。

    • JoinLinkPath - 処理しているアクセス リンクが JoinLink であり、それが (アプリの内部または外部) どこから来ているかを知らせます。
    • UrlAction - Skype アクセス リンクのアクション URL パラメーター。ユーザーが使用しようとしているアクションの種類に関する情報を提供します。 たとえば、aсcess リンク "skype:?action=captureavatar" では、captureavatar は UrlAction であり、アバターキャプチャ ダイアログが開きます。
    • Action - 現在追跡されている Acccess Link イベントの名前。
    message_sent

    エンド ツー エンドのメッセージ配信正常性メトリックの評価に使用される、ユーザーがメッセージを送信したときに追跡します。

    • ReceiverMri - チャット サービス間で使用される受信側の技術 ID。
    • ReceiverUserId - Receiver skype ID。
    • ClientMessageId - 送信者クライアント側に構築されたメッセージ ID。
    • EndpointId - 一意のメッセージング エンドポイント ID。
    • RegistrationId - 一意のデバイス登録 ID。
    • OneOnOneThreadId - メッセージが 1:1 会話に送信された場合の一意の 1:1 スレッド ID。
    • CharacterCount - メッセージ コンテンツ文字数 (0 -> メッセージの削除)。
    • PostSource - メッセージ投稿ソース、メッセージ要求が開始された場所の名前。
    • EmoticonCount - Skype 絵文字が動作していることを確認するために、メッセージ内の Skype によって提供される絵文字の数を監視します。
    • NativeEmojiCount - メッセージ内で Skype によって提供されない絵文字の数を監視して、これらの絵文字も機能していることを確認します。
    • HasWikiMarkup - メッセージの追加編集オプションの正常性と使用状況を監視します。
    • MessageCorrelationId - システム間の E2E 相関関係に使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • MessageType - 上位レベルのメッセージの種類 (テキスト、写真、ファイル、...)。
    • MessageRawType - 詳細なメッセージの種類 (RichText/Media_Video、RichText/Sms、....
    • IsOwnMessage - ユーザーが関連メッセージの送信者であることを示すフラグ。
    • ConversationId - 一意の会話 ID。
    • IsBotConversation - 会話がボットで行われる場合はフラグを設定します。
    • IsGroupConversation - 会話がグループ会話の場合はフラグを設定します。
    • IsEncryptedConversation - 会話がプライベート会話の場合はフラグを設定します。
    • IsBookmarkConversation - スレッドがブックマーク会話の場合はフラグを設定します。
    • IsMeetNowThread - 会話が Meet Now 会話の場合はフラグを設定します。
    • MriNamespace - 会話相互運用機能、ボット、グループなどの種類を理解するための会話名前空間。
    • ThreadSuffix - スレッド サフィックスは、単に機能固有のグループ (暗号化された oneToOne ...) である可能性があるスレッドの種類を識別するのに役立ちます。
    message_read

    アクティブなユーザーの定義の一部として使用される、1 対 1 の会話でメッセージが読み取られたときを追跡します。

    • MessageCorrelationId - システム間の E2E 相関関係に使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • MessageRawType - 詳細なメッセージの種類 (RichText/Media_Video、RichText/Sms、....
    • IsOwnMessage - ユーザーが関連メッセージの送信者であることを示すフラグ。
    • ConversationId - 一意の会話 ID。
    • IsBotConversation - 会話がボットで行われる場合はフラグを設定します。
    • IsGroupConversation - 会話がグループ会話の場合はフラグを設定します。
    • IsEncryptedConversation - 会話がプライベート会話の場合はフラグを設定します。
    • IsBookmarkConversation - スレッドがブックマーク会話の場合はフラグを設定します。
    • IsMeetNowThread - 会話が Meet Now 会話の場合はフラグを設定します。
    • MriNamespace - 会話相互運用機能、ボット、グループなどの種類を理解するための会話名前空間。
    • ThreadSuffix - スレッド サフィックスは、単に機能固有のグループ (暗号化された oneToOne ...) である可能性があるスレッドの種類を識別するのに役立ちます。
    people_presence_error

    ユーザーがプレゼンス状態 (オンライン、オフライン、ビジーなど) を変更する必要があり、アプリケーションが正常に処理できなかった場合は、すべての問題を報告することが重要です。

    • 配信元 - プレゼンス状態を変更するためにアプリケーションの要素が使用された情報。 この情報は、アプリケーションのどの要素が問題の原因となっている可能性があるかを確認するために重要です。
    people_presence_failure

    プレゼンス状態のフェッチまたは設定中にユーザーが取得するエラーの種類に関する情報。

    • ServiceType - CS または UPS に失敗したサービス プロバイダーに関する情報。
    • シナリオ - これを投稿するメソッドは、すべてのプレゼンス要求を渡すので、失敗したのどれを理解することが重要です。
    • StatusCode - Http 応答の状態コード。
    • StatusText - Http 応答の状態テキスト。
    • DidTimeOut - 問題が原因でタイムアウトが発生している場合は、"yes" または "no" の情報。
    • CorrelationId - システム間の E2E 相関関係に使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    my_presence

    フェッチの正確性を確保し、ユーザーのプレゼンスを設定するために使用される情報。

    • UpsStatus - プレゼンスは UPS から提供されています。
    • CsStatus - プレゼンスはチャット サービスから提供されました。
    • CsCorrelationId - クライアントとチャット サービス間の E2E 関連付けに使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • UpsCorrelationId - クライアントと UPS (ユニバーサル プレゼンス サービス) 間の E2E 関連付けに使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • シナリオ - 2 つのメソッドがこのイベントを使用しているため、そのうちのどれがインティエーターであるかを把握する必要があります。
    presence_for_mris

    連絡先の表示の正確性を確保するために使用される情報。

    • Total - プレゼンスを取得したユーザーの数。
    • 同じ - サービス UPS と CS の両方から同じプレゼンスを持っていたユーザーの数。
    • CsCorrelationId - クライアントとチャット サービス間の E2E 関連付けに使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • UpsCorrelationId - クライアントと UPS (ユニバーサル プレゼンス サービス) 間の E2E 関連付けに使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    people_syncAddressBookDialog

    [アドレス帳] ダイアログを読み込むプロセスに関する一連の情報。 ダイアログを正しく読み込む手順を説明するフィールドで構成されます。 各ステップの状態は、ステップが正常に実行された場合は true/granted、失敗した場合は false/denied、またはまだ実行されなかった場合は true/granted に設定されます。 アドレス帳インポート フローの正常性を測定するために収集されます。

    • DidPressNextOnValueProp - このフィールドは、誰かがボタン "次へ" をクリックしたかどうかを確認します。 このフィールドは、true または false の値にのみ設定できます。
    • DidHavePermission - このフィールドは、ユーザーが連絡先と同期するために付与されたアクセス許可について通知します。 設定できるのは、許可された値または false 値のみです。
    • DidPromptBefore - ユーザーが以前に連絡先の同期について尋ねられた場合、DidPromptBefore は情報を渡しています。
    • DidRequestPermission - このフィールドは、ユーザーが連絡先を同期するアクセス許可を付与するように求められたかどうかを通知します。 このフィールドは、true または false の値にのみ設定できます。
    • DidGrantPermission - ユーザーが連絡先のリストを使用するアクセス許可を付与した場合、このフィールドは true に設定されます。 もう 1 つの場合は false になります。
    • DidStartSync - 連絡先の一覧を同期するプロセスの開始に関する情報。 この値は、true または false の値にのみ設定できます。
    • DidVisitPrivacyStatement - ユーザーがプライバシーに関する声明にアクセスした場合、このフィールドは true に設定されます。 このフィールドの既定値は false です。
    • DidSeeLearnMoreButton - このフィールドは、true または false の値のみに設定できる場合に、値 true を送信します。
    • DidVisitLearnMorePopup - ユーザーが "詳細情報" ポップアップにアクセスした場合、この値は false でない場合は true に設定されます。
    • 配信元 - ダイアログが開始されたときのユーザーの場所。
    • 期間 - ダイアログ ボックスを開いて閉じるまでの経過時間。
    • OnboardingDisplayOrder - オンボード中のダイアログの位置番号。
    • OnboardingStepsCount - オンボード手順の数。
    • 終了 - ダイアログ 閉じる型。
    • IsNewUser - このフィールドは、ユーザーが新しいかどうかを示します。
    people_contacts_action(GetContacts)

    アプリケーションの正常性を判断するために、連絡先リスト同期の失敗と成功の割合を測定しています。

    • IsFromServer - 潜在的な問題の原因を理解することは重要な情報です。
    • ErrorCode - エラーの種類を識別する特定のエラー コード。
    • アクション - 連絡先リストの受信、連絡先の追加、連絡先の削除など、実行されたアクションの種類。
    • 状態 - 実行されたアクションの状態。エラーまたは成功である可能性があります。
    settings_privacy(SendFullTelemetry)

    Skype を向上させるために必要なすべてのテレメトリとオプションのテレメトリを送信するユーザーの設定に関する情報。

    • DidGrantPermission - すべてのテレメトリ情報を送信するアクセス許可の付与に関する情報。 "yes" または "no" のみである可能性があります。
    • Origin - オプションが表示されたアプリケーションの場所要素。
    • アクション - 場所。情報のログ記録を開始したアクションの種類。
    chat_service_bundle_processing_failure

    コンバースタイン、メッセージなどに関する情報を更新および同期するためのタスクで作成されたバンドルの処理に関する問題に関する情報。

    • description - 問題が前処理または処理で発生したステージに関する情報。
    messaging_e2ee

    "プライベート会話" 機能の正常性を監視するイベントのグループ。

    messaging_e2ee イベントの一般的な属性。

    • アクション - 招待、承諾、確認、拒否、DecryptionFailure、EncryptionFailure などのイベントの種類。
    • 状態 - 接続の確立の最終結果。 成功または失敗の値は 2 つだけです。
    • 理由 - 問題の原因の可能性に関する追加情報。
    messaging_e2ee(Confirm)

    暗号化された会話が正常に確立されたことを示す確認イベント。 成功率を計算し、サービスの正常性を追跡するために情報が収集されます。

    • IsAutoConfirm - エンドツーエンドの暗号化された会話の確立に関する情報。
    messaging_e2ee(Reject)

    暗号化された会話の作成に失敗したときに送信されるイベント。 インフラストラクチャ内のエラーを検出する成功したイベントと比較します。

    • RejectionReason - 暗号化された会話に関する問題の原因に関する情報。 たとえば、プライベート (暗号化) モードで会話への参加を積極的に拒否したユーザーであった場合、または暗号化/復号化に問題があり、ユーザーアクションにまったく関連していない場合などです。
    messaging_e2ee(再試行)

    接続を確立するための再試行に関する情報。

    • RetryType - 再試行の種類に関する情報。
    messaging_e2ee(EncryptionFailure)

    暗号化プロセスの問題に関する情報。

    messaging_e2ee(DecryptionFailure)

    復号化プロセスの問題に関する情報。

    people_census

    国勢調査テレメトリには、連絡先の数と会話数の概要が含まれます。たとえば、Skype または電話の連絡先の数や、参加した暗号化された会話の数などです。 この情報は、重要な機能の特定をサポートします。

    • ConversationsCountTotal - ユーザーに知られている会話の合計数。
    • ConversationsCountDisplayable - 一部の会話が表示されないすべての表示可能な会話の数 (空、ユーザーはメンバーではなく、ブロックなど)。
    • ConversationsCountDisplayed - 表示される会話の数、現在のフィルター条件に応じて表示可能な会話のサブセット。
    • RecentListConversationsCount - 最近の会話の合計数。
    • RecentListSkype1on1ConversationsCount - 1on1 会話の数。
    • RecentListSkypeGroupConversationsCount - グループ会話の数。
    • RecentListSkypeBotConversationsCount - ボットの会話の数。
    • RecentListPstnConversationsCount - PSTN 会話の数。
    • RecentListPrivateConversationsCount - プライベート会話の数。
    • RecentListConversationsWithTabsCount - ユーザーに表示される会話の数。
    • RecentListOtherConversationsCount - ボット、1on1、PSTN、プライベート、またはグループを除く会話の数。
    • Muted1on1ConversationsCount - ミュートされた 1on1 会話の数。
    • MutedGroupConversationsCount - ミュートされたグループ会話の数。
    • SmartMutedConversationsCount - スマート ミュートされた会話の数。
    • TranslationedConversationsCount - ユーザーが翻訳をオプトインした会話の数。
    • ManuallyAddedContactsCount - ユーザーが手動で追加するプロファイルの数。
    • BlockedContactsCount - ユーザーによってブロックされたプロファイルの数。
    • BotsContactsCount - ユーザーによって追加されたボットの数。
    • FavoritesContactsCount - 選択済みとしてマークされたプロファイルの数。
    • AllNonBlockedContactsCount - ユーザーによってブロックされていないプロファイルの合計数。
    • OneWayShortCircuitContactsCount - ユーザーに推奨されるプロファイルの数。
    • TwoWayShortCircuitContactsCount - 2017 年 1 月より前のプロファイルの数。
    • PstnContactsCount - ユーザーの電話連絡先の数。
    • EngagedContactsCount - ユーザーが過去 30 日間に会話したプロファイルの数。
    • AllShownContactsCount - ユーザーが持つプロファイルの合計数。
    • RemovedAuthorizedContactsCount - 承認されているが、ユーザーが手動で追加しないプロファイルの数。
    messaging_notification

    エンド ツー エンドの信頼性に使用されるトースト通知情報。メッセージの配信を追跡して、ユーザーに通知します。

    • NotificationAction - 通知アクションは、InterruptUser、InformUserExternal、Ignore にすることができます。
    • IsSystemNotification - 通知がシステム通知であるかどうかを示すブール値。
    • Action - 通知アクションは、タップ、パン、無視、表示、QuickAction を行うことができます。
    • ToastType - 通知の種類は、引用符、メンション、RegularMessage、SystemAlert、Reaction、AddToConversation、ScheduledCall です。
    • IsGroupConversation - 通知がグループ会話に関連しているかどうかを示すブール値。
    • ConversationId - 一意の会話 ID を指定します。
    messaging_share_to_skype

    Skype 機能への共有の使用状況に関する情報を追跡するイベント。

    • アクション - 追跡するアクション (共有、開く)。
    • IsSharedToContact - ファイルが連絡先と共有されたかどうかを追跡します。
    • ErrorCode - エラーの種類を識別する特定のエラー コード。
    • IsSendingVideo - 共有コンテンツがビデオであるかどうかを追跡します。
    • IsSendingImage - 共有コンテンツがイメージであるかどうかを追跡します。
    • 種類 - 共有コンテンツの種類を追跡します。
    messaging_action

    ユーザーがメッセージに対してアクションを実行し、基本的なメッセージ操作の正常性と使用状況を理解するイベント。

    messaging_action イベントの一般的な属性。

    • Action - 実行されたメッセージ アクションの種類 (コピー/編集/削除/転送/引用....)。
    • 配信元 - アプリケーション コンポーネント。メッセージ アクションの送信元を指定します。
    • TimeToActionDuration - メッセージの元の送信時刻とユーザー メッセージ アクションの間の時間差。
    • DocId - 失敗したメッセージ送信を取り消したり再試行したりした場合のドキュメント ID。
    • MessageCorrelationId - システム間の E2E 相関関係に使用される一意のメッセージ関連付け ID。
    • MessageType - 上位レベルのメッセージの種類 (テキスト、写真、ファイル、...)。
    • MessageRawType - 詳細なメッセージの種類 (RichText/Media_Video、RichText/Sms、....
    • IsOwnMessage - ユーザーが関連メッセージの送信者であることを示すフラグ。
    • ConversationId - 一意の会話 ID。
    • IsBotConversation - 会話がボットで行われる場合はフラグを設定します。
    • IsGroupConversation - 会話がグループ会話の場合はフラグを設定します。
    • IsEncryptedConversation - 会話がプライベート会話の場合はフラグを設定します。
    • IsBookmarkConversation - スレッドがブックマーク会話の場合はフラグを設定します。
    • IsMeetNowThread - 会話が Meet Now 会話の場合はフラグを設定します。
    • MriNamespace - 会話相互運用機能、ボット、グループなどの種類を理解するための会話名前空間。
    • ThreadSuffix - スレッド サフィックスは、単に機能固有のグループ (暗号化された oneToOne ...) である可能性があるスレッドの種類を識別するのに役立ちます。
    messaging_action(Forward)

    メッセージ転送アクションの監視。

    • SkypeConversationCount - 選択したメッセージが転送された Skype 会話の数。
    • PrivateConversationCount - 選択したメッセージが転送されたプライベートまたは暗号化された会話の数。
    • SmsConversationCount - 選択したメッセージが転送された SMS 会話の数。
    messaging_action(ShareFile)

    ファイル共有アクションの監視。

    • IsShared - 共有が成功した場合はフラグを設定します。
    • エラー - ファイルの共有に失敗した場合のエラーの詳細。
    • FileExtension - ファイル拡張子。
    messaging_action(Quote)

    メッセージ引用アクションの監視。

    • QuotesTriggerType - 元の引用符を開始したトリガーの種類 (メニュー、スワイプ、CopyPaste ...)。
    • QuotesMessageType - 引用符で囲まれたメッセージの種類 (テキスト、写真、ファイル、オーディオ、投票など)。
    messaging_action(ClearQuote)

    以前に選択したメッセージ引用符のクリアを監視します。

    • QuotesTriggerType - 元の引用符を開始したトリガーの種類 (メニュー、スワイプ、CopyPaste ...)。
    • QuotesMessageType - 引用符で囲まれたメッセージの種類 (テキスト、写真、ファイル、オーディオ、投票など)。
    messaging_action(KeyboardCopy)

    キーボード 操作を使用したコピーの監視。

    • MessagesCount - キーボード アクションが実行された選択されたメッセージの数。
    messaging_action(KeyboardPaste)

    キーボード 操作を使用してメッセージの貼り付けを監視します。

    • MessagesCount - キーボード アクションが実行された選択されたメッセージの数。
    messaging_action(SelectMessages)

    選択した複数のメッセージに対する監視アクション。

    • SelectedMessagesCount - アクションが実行された選択されたメッセージの数。
    • SelectedMessagesAction - ユーザーが選択したメッセージに対して実行された実際のアクション。
    • ForwardToConversationCount - メッセージが転送された会話の数。
    • SelectedMessagesDisabledCopy - コピー オプションが無効になっている選択からの混乱の数。
    • SelectedMessagesDisabledRemove - 削除オプションが無効になっている選択からの混乱の数。
    • SelectedMessagesDisabledForward - Forward オプションが無効になっている選択範囲からの混乱の数。
    messaging_action(キャンセル)

    メッセージ送信の取り消しを監視します。

    messaging_action(CancelRejected)

    既に送信に失敗したメッセージ送信の取り消しを監視します。

    messaging_action(RetryFailed)

    失敗したメッセージ送信での再試行アクションの監視。

    messaging_action(ShowReportedMessage)

    報告されたメッセージを示す監視。

    messaging_action(コピー)

    メッセージに対するコピー アクションの監視。

    messaging_action(CopyLink)

    コピー リンク アクションの監視。

    messaging_action(Delete)

    メッセージを削除する監視アクション。

    messaging_action(Edit)

    メッセージ編集アクションの監視。

    messaging_action(MarkMessageUnread)

    メッセージから未読として会話をマークする監視。

    messaging_action(DismissActionMenu)

    オプションを選択せずにメッセージ アクション メニューを閉じる監視。

    messaging_action(DragDropFromConversationToRecentLists)

    会話アクションへのドラッグ アンド ドロップを監視します。

    messaging_action(AddBookmark)

    メッセージ ブックマーク アクションの追加を監視します。

    messaging_action(RemoveBookmark)

    ブックマークされたメッセージの削除アクションの監視。

    conversation_action

    会話に対する基本的なアクションの正常性と使用状況を理解するために、ユーザーが会話に対してアクションを行うイベント。

    conversation_action イベントの一般的な属性。

    • Action - 実行されたメッセージ アクションの種類。
    • Conversation_NameSpace - 会話の種類を理解するための会話名前空間。
    • Conversation_Id - 一意の会話 ID。
    conversation_action(conversation_list_item_clicked)

    メッセージ交換リストアイテムのクリック アクションを監視します。

    • Item_id - 会話リスト アイテムの識別子。
    conversation_action(translation_action)

    翻訳アクションの監視 (disable/request/pending/enabled/cancelled/Declined)。

    • TranslationAction - アクション (Requested/Accepted/Declined/Canceled/Disabled)。
    • FromLanguage - 翻訳する言語。
    • ToLanguage - 翻訳する言語。
    people_user_actions

    通話の開始、ビデオの開始、プロファイルの表示、メッセージの送信など、ユーザーがユーザーリストに対して実行したアクションに関する情報。

    • Action - 実行されたアクションの種類。
    • 期間 - アクションの完了に費やされた時間。
    • シナリオ - シナリオ名。
    • IsFirstSuccessfulSearch - アクションが検索であるか、初めて実行され、成功したかどうか。
    notificationsPrompt_action

    通知のアクセス許可に関するアクションに関する情報。

    notificationsPrompt_action イベントの一般的な属性。

    • Action - 実行されたアクションの種類。
    • 配信元 - アクションが発生したアプリケーションの場所要素。
    notificationsPrompt_action(表示)

    監視通知プロンプトに表示されるアクション。

    notificationsPrompt_action(開いている)

    監視通知プロンプトの設定を開いたアクション。

    • Enabled_Notifications - 設定が true または false に設定されているかどうか。
    notificationsPrompt_action(終了)

    監視通知プロンプトの閉じたアクション。

    onboarding_setup

    最初の実行エクスペリエンス (FRE) ウィザードに関連するイベントのバンドル。 FRE ウィザードの正常性を測定するために収集されます。

    onboarding_setup イベントの一般的な属性。

    • DialogOrigin - ダイアログが呼び出されたアプリケーション内の場所。
    • IsNewUser - このユーザーが初めて Skype にサインインした場合、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    onboarding_setup(開始)

    イベントは、FRE ウィザードの起動時に送信されます。

    • DialogOrigin - ダイアログが呼び出されたアプリケーション内の場所。
    • AppState - 現在のアプリケーションの状態、"バックグラウンド"または "アクティブ"。
    • StepSequence - FRE ウィザード中に表示されるステップの順序付きリスト。
    • NotificationsPermission - システム通知の現在のアクセス許可。
    • CameraPermission - カメラの現在のアクセス許可。
    • MicrophonePermission - マイクの現在のアクセス許可。
    • ContactsPermission - 連絡先の現在のアクセス許可。
    onboarding_setup(失敗)

    FRE ウィザード中のエラーを追跡します。

    • DialogOrigin - ダイアログが呼び出されたアプリケーション内の場所。
    onboarding_setup(完了)

    イベントは、FRE ウィザードが完了したときに送信されます。

    • 期間 - FRE ウィザードの開始と終了の間の時間。
    • DialogOrigin - ダイアログが呼び出されたアプリケーション内の場所。
    • 成功 - FRE ウィザードの結果。
    • StepSequence - FRE ウィザード中に表示されるステップの順序付きリスト。
    onboarding_user_status

    イベントは、FRE ウィザードの終了後にユーザー設定を要約するために送信されます。 FRE ウィザードの正常性を測定するために収集されます。

    • AvatarPolicy - 他のユーザーのアバターの可視性の状態。
    • AvatarState - ユーザーがアバターを持っているかどうか。
    • SetupWizardCompletionTimestamp - FRE ウィザードが完了したときのタイムスタンプ。
    • UserIsNew - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    • NotificationsPermission - システム通知の現在のアクセス許可。
    • CameraPermission - カメラの現在のアクセス許可。
    • MicrophonePermission - マイクの現在のアクセス許可。
    • ContactsPermission - 連絡先の現在のアクセス許可。
    settings_permission_status

    マイクの使用など、同意した内容を追跡します。 この情報は、お客様の同意が Skype に正確に適用されるようにするために使用されます。

    • 型 - アクセス許可の種類を追跡します。
    • 状態 - アクセス許可の種類の状態を追跡します。
    • 配信元 - アクセス許可の状態が変更されたアプリケーション内の場所。
    パフォーマンス

    Skype のパフォーマンスを監視および向上させるために使用される、さまざまなプロセスのパフォーマンス メトリックを送信します。

    • シナリオ - スタートアップ、検索、レンダリングなど、測定されるプロセスの名前。
    • 期間 - プロセスの完了にかかった時間をミリ秒単位で指定します。
    • IsZeroTermSearch - 検索クエリが空かどうか。
    • エンドポイント - 使用されるメッセージ検索エンドポイント。
    • SearchLimit - メッセージ検索ページ サイズ。
    • ErrorCode - 検索結果が取得されない場合のエラー コード。
    • ErrorMessage - 検索結果が取得されない場合のエラーの説明。
    • WasNetworkAvailable - クライアントがネットワークに接続されているかどうか。
    • AdditionalLoading - メッセージがキャッシュされなかったかどうか。
    • QueryLength - 検索クエリ内の文字数。
    • 配信元 - 検索元のコンポーネント。
    • SearchResultsListOrigin - SearchResultsList で検索が行われる場合に備え、検索元のコンポーネント。
    • RequestStepDuration - 複合検索の場合に、最初の検索要求から最後の検索結果が受信されるまでの時間。
    • PublicDirectoryRequestDuration - パブリック ディレクトリ検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • MessageRequestDuration - メッセージ検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • IndexedDbRequestDuration - IndexedDB 検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • BotsRequestDuration - ボットの検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • AllPeopleRequestDuration - すべてのユーザーの検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • FastContactsRequestDuration - 高速連絡先検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    • MessageInConversationRequestDuration - メッセージ検索要求の間の時間は、結果が受信されるまで送信されました。
    シナリオ

    シナリオ イベントの一般的な属性。

    • ScenarioName - 現在追跡されているシナリオの名前。
    • ScenarioId - このシナリオ インスタンス内の複数のステップのグループ化を許可します。
    scenario(LoginAuth)

    サインイン/アップ サービスの正常性を監視するために、サインイン/アップのさまざまなフェーズで送信されます。

    • ScenarioAction_service - "MSA" などのサービス名。
    • ScenarioAction_scenario - シナリオ名。
    • ScenarioAction_errorName - エラー名。
    • ScenarioAction_statusCode - エラーの状態コード。
    • ScenarioAction_requestId - 要求の一意の ID。
    • ScenarioAction_attempt - 要求の attepts の数。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(AppStartup)

    スタートアップ期間は、アプリケーションのボトルネックと正常性を識別するために使用されるさまざまなフェーズ別に測定されます。

    • ScenarioAction_currentIntent - スタートアップの意図 (プッシュ、チャット、通話、ダイヤルパッド、Recents、JoinMeetNow、その他)。
    • ScenarioAction_intentBased - スタートアップが意図ベースの場合はフラグを設定します。
    • ScenarioAction_step_name_phase0 - スタートアップ フェーズ 0 の期間。
    • ScenarioAction_step_name_phase1 - スタートアップ フェーズ 1 の期間。
    • ScenarioAction_step_name_phase2 - スタートアップ フェーズ 2 の期間。
    • ScenarioAction_step_name_phase3 - スタートアップ フェーズ 3 の期間。
    • ScenarioAction_step_name_phase4 - スタートアップ フェーズ 4 の期間。
    • ScenarioAction_step_name_phase5 - スタートアップ フェーズ 5 の期間。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(AppStartupIntent)

    スタートアップ期間は、アプリケーションのボトルネックと正常性を識別するために使用される、さまざまなフェーズと意図のコンテキストによって測定されます。

    • ScenarioAction_AppState - "Active" や "Background" などのアプリの状態を表す数値。
    • ScenarioAction_StartupContext - スタートアップ コンテキスト (不明、プッシュ、最近のユーザー、チャット、IncomingRing、Dialpad)。
    • ScenarioAction_ColdStartup - これが "コールド スタートアップ" かどうかを示すフラグ。
    • ScenarioAction_ColdStartup_step_duration - "コールド スタートアップ" シナリオ ステップの期間。
    • ScenarioAction_ColdStartup_total_duration - "コールド スタートアップ" ステップまでのシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_intentBased - スタートアップが意図ベースの場合 (チャットや通話を開くなど) フラグを設定します。
    • ScenarioAction_reason - アプリのウェイクアップの理由 (ColdStartup、AppStateChange、Push、LocalNotification、TrouterMessage)。
    • ScenarioAction_Phase0_step_duration - スタートアップ フェーズ 0 の期間。
    • ScenarioAction_Phase0_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_Phase1_step_duration - スタートアップ フェーズ 1 の期間。
    • ScenarioAction_Phase1_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_Phase2_step_duration - スタートアップ フェーズ 2 の期間。
    • ScenarioAction_Phase2_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_Phase3_step_duration - スタートアップ フェーズ 3 の期間。
    • ScenarioAction_Phase3_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_Phase4_step_duration - スタートアップ フェーズ 4 の期間。
    • ScenarioAction_Phase4_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_Phase5_step_duration - スタートアップ フェーズ 5 の期間。
    • ScenarioAction_Phase5_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_CheckAppState_step_duration - "アプリの状態を確認する" ステップの期間。
    • ScenarioAction_CheckAppState_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_StartedProcessingLocalNotification_step_duration - "ローカル通知の処理を開始しました" ステップの期間。
    • ScenarioAction_StartedProcessingLocalNotification_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_StartedProcessingPush_step_duration - "プッシュ通知の処理を開始しました" ステップの期間。
    • ScenarioAction_StartedProcessingPush_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_PushProcessingComplete_step_duration - "プッシュ通知処理完了" ステップの期間。
    • ScenarioAction_PushProcessingComplete_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_IncomingCallPush_step_duration - "着信プッシュ通知" ステップの期間。
    • ScenarioAction_IncomingCallPush_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_NotifyingCallee_step_duration - "呼び出し先に通知する" ステップの期間。
    • ScenarioAction_NotifyingCallee_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_DisplayIncomingCallNotification_step_duration - "着信通知の表示" ステップの期間。
    • ScenarioAction_DisplayIncomingCallNotification_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_PresentIncomingRing_step_duration - "現在の着信リング" ステップの期間。
    • ScenarioAction_PresentIncomingRing_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_CallPanelRendered_step_duration - "呼び出しパネルのレンダリング" ステップの期間。
    • ScenarioAction_CallPanelRendered_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToRecents_step_duration - "最近のユーザーに移動します" ステップの期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToRecents_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_RecentsWillMount_step_duration - "recents will mount" ステップの期間。
    • ScenarioAction_RecentsWillMount_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_ConversationListPanelRendered_step_duration - "会話リスト パネルのレンダリング" ステップの期間。
    • ScenarioAction_ConversationListPanelRendered_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_RecentsRendered_step_duration - "最近レンダリングされた" ステップの期間。
    • ScenarioAction_RecentsRendered_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToChat_step_duration - "チャットに移動します" ステップの期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToChat_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_MessaggeStreamRendered_step_duration - "メッセージ ストリームのレンダリング" ステップの期間。
    • ScenarioAction_MessaggeStreamRendered_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToDialpad_step_duration - "ダイヤルパッドに移動します" ステップの期間。
    • ScenarioAction_WillNavigateToDialpad_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_DialpadRendered_step_duration - "dialpad rendered" ステップの期間。
    • ScenarioAction_DialpadRendered_total_duration - 測定のこのステップまでの合計期間。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(TimeToConnected)

    チャット サービスが接続を確立するのにかかった時間を追跡します。 チャット接続に関連する問題の改善と追跡に使用されます。

    • ScenarioAction_ConnectionType - "REST" などの接続の種類。
    • ScenarioAction_ReasonForConnecting - "フォアグラウンド" などのチャット サービスに接続する理由。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(AnswerCall)

    ユーザーが通話に応答したときに収集され、シナリオの正常性と信頼性を追跡するのに役立ちます。

    • ScenarioName - AnswerCall。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(HtmlNotification)

    HTML 通知の信頼性を追跡します。

    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(レスポンシブネス)

    UI コンポーネントの応答性を追跡します (ミュート ボタンをクリックしてからマイクを実際にミュートするまでの経過時間など)。

    • ScenarioAction_cause - シナリオが完了した理由 (ActionClosed、タイムアウト、エラーなど) を指定します。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(ResponsivenessSelectHubTab)

    ハブ タブ切り替えの応答性を追跡する - タブ コントロールをクリックしてからコンテンツを表示するまでの時間。

    • ScenarioAction_cause - シナリオが完了した理由 (ActionClosed、タイムアウト、エラーなど) を指定します。
    • ScenarioAction_tab - 選択されたタブを指定します。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    scenario(StreamFrom)

    会話の切り替えのパフォーマンスと正常性を監視するためにチャットに移動するのにかかる時間を追跡します。

    • ScenarioAction_origin - 会話が開始されたアプリ内のソースの場所。 問題のあるエントリ ポイントを特定するのに役立ちます。
    • ScenarioAction_browserOrigin - スレッドが開始されたブラウザーのソースの場所。 問題のあるエントリ ポイントを特定するのに役立ちます。
    • ScenarioAction_step_name - この senario ステップの名前。
    • ScenarioAction_step_duration - シナリオ ステップの期間。 この手順のパフォーマンスを示すインジケーター。
    • ScenarioAction_total_duration - このシナリオの合計期間。
    • ScenarioAction_is_final - これがシナリオの最後のステップであるかどうかを示します。
    • ScenarioAction_target_duration_ms - ターゲット ステップ期間。
    • ScenarioAction_step_name_started - 'started' ステップの期間。
    • ScenarioAction_error_description - エラーが発生した場合は、ここでエラーの説明が渡されます。
    sisu_welcome_screen

    メインのウェルカム画面に関連するイベントのバンドル。 メインウェルカム画面の正常性を測定するために収集されます。

    sisu_welcome_screen イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • IsMSASignUpWebViewLoaded - Microsoft アカウント フローが読み込まれ、Skype へのサインイン/サインアップが可能かどうかを示します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_welcome_screen(WelcomeScreenLoaded)

    ウェルカム画面が正常に読み込まれた後に送信されたイベント。 事前サインイン/アップ エクスペリエンスの正常性を測定するために使用されます。

    sisu_welcome_screen(GetStartedPanelLoaded)

    [開始] 画面が正常に読み込まれた後に送信されたイベント。 事前サインイン/アップ エクスペリエンスの正常性を測定するために使用されます。

    sisu_welcome_screen(LoginFlowStarted)

    サインイン/アップ フローの開始後に送信されるイベント。 事前サインイン/アップ エクスペリエンスの正常性を測定するために使用されます。

    sisu_welcome_screen(CreateAccountFlowStarted)

    サインアップ フローの開始後に送信されるイベント。 サインアップ エクスペリエンスの正常性を測定するために使用されます。

    sisu_welcome_screen(CreateAccountFlowCanceled)

    サインアップ フローが取り消された後に送信されたイベント。 サインアップ エクスペリエンスの正常性を測定するために使用されます。

    sisu_app_entry_start

    Skype にサインイン/サインアップするユーザーの意図に関連するイベントのバンドル。 サインイン/アップ フローの正常性を測定するために収集されます。

    • メソッド - サインイン/アップしたかどうかを示します。 サインイン/アップ フローの監視に使用されます。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_app_entry

    ユーザーが Skype へのサインイン/アップを正常に終了した場合に関連するイベントのバンドル。 サインイン/アップ フローの正常性を測定するために収集されます。

    • メソッド - サインイン/アップしたかどうかを示します。 サインイン/アップ フローの監視に使用されます。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_signup_funnel

    Skype へのサインアップ フローの個々の手順を実行するユーザーに関連するイベントのバンドル。 サインアップ フローの正常性を測定するために収集されます。

    • FunnelPageName - Skype へのサインアップ フロー中の正確なステップ名を示します。
    • ErrorCode - サインアップ フロー中にエラーが発生した場合のエラー コード。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_signin_funnel

    サインインの個々の手順を実行するユーザーに関連するイベントのバンドルは、Skype にフローします。 サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。

    • FunnelPageName - Skype へのサインイン フロー中の正確なステップ名を示します。
    • ErrorCode - サインアップ フロー中にエラーが発生した場合のエラー コード。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_interrupt_handler

    再認証ポップアップに関連するイベントのバンドル。 これらのポップアップは、システムがアカウントで予期しない変更やアクティビティを検出したときに発生します。 たとえば、新しいデバイスが使用されます。 これらのシナリオからの復旧フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_msa_interrupt_handler イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_interrupt_handler(RefreshTokenStored)

    このイベントは、ユーザーの再認証フローが開始されたときに送信されます。

    sisu_msa_interrupt_handler(UserSwitchedAccounts)

    イベントは、ユーザーが別のユーザー アカウントで正常に再認証された後に送信されます。

    sisu_msa_interrupt_handler(UserSignedIn)

    イベントは、ユーザーが正常に再認証された後に送信されます。

    sisu_sso_screen

    シングル サインオン (SSO) に関連するイベントのバンドルは、Android 上の Skype にフローします。 SSO フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_sso_screen イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_sso_screen(SsoTokenSignIn)

    このイベントは、ユーザーが SSO フローを使用してサインインを開始したときに送信されます。

    • ProviderPackageId - Microsoft アカウントの資格情報が別の製品から使用されている場合、この属性には、その製品の識別子 ("com.microsoft.teams" など) が含まれます。
    sisu_sso_screen(SsoTokenAutoRefreshed)

    イベントは、SSO 認証によってログインが自動的に更新されたときに送信されます。

    • ProviderPackageId - Microsoft アカウントの資格情報が別の製品から使用されている場合、この属性には、その製品の識別子 ("com.microsoft.teams" など) が含まれます。
    sisu_sso_screen(SsoTokenInterrupted)

    このイベントは、SSO 認証の自動更新に失敗したときに送信されます。

    • ProviderPackageId - Microsoft アカウントの資格情報が別の製品から使用されている場合、この属性には、その製品の識別子 ("com.microsoft.teams" など) が含まれます。
    sisu_sso_screen(SsoTokenSignedIn)

    イベントは、ユーザーが SSO フローを使用して正常にサインインしたときに送信されます。

    • ProviderPackageId - Microsoft アカウントの資格情報が別の製品から使用されている場合、この属性には、その製品の識別子 ("com.microsoft.teams" など) が含まれます。
    sisu_refreshtoken_error

    このイベントは、自動ログイン更新に失敗したときに送信されます。 自動ログイン更新の正常性を測定するために収集されます。

    • ErrorCode - エラー エラー コード。
    • TokenSource - 再ログインに関連するシステムについて説明します。
    • ErrorName - エラーのわかりやすい名前で、関連するコードを参照できます。
    • ErrorMessage - エラーの詳細な説明。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_auto_signin

    Windows アカウント マネージャー (WAM) を利用する自動サインイン フローに関連するイベントのバンドル。 ユーザーには、Windows で使用されているのと同じ個人アカウントでサインインするための事前入力オプションがあります。 Windows から利用可能なすべての個人用アカウントが選択対象として一覧表示されます。 自動サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_auto_signin イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_auto_signin(WAMCacheInvalidated)

    イベントは、システムが WAM 認証データを更新する必要があるときに送信されます。

    sisu_auto_signin(WAMLoginFailure)

    イベントは、ユーザーが WAM を使用してサインインできなかった場合に送信されます。

    sisu_auto_signin(WAMLoginCompleted)

    イベントは、ユーザーが WAM を使用して正常にサインインしたときに送信されます。

    sisu_auto_signin(WAMTokenRequested)

    イベントは、システムがログインを要求したときに送信されます。

    • IsRefreshRequest - ログイン更新が要求されたかどうかを示します。
    • SignInSource - サインインのエントリ ポイント (Skype アプリが開始されたなど) について説明します。
    • WamCorrelationId - この識別子を使用すると、イベントをグループ化できます。 自動サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。
    sisu_auto_signin(WAMTokenRetrieved)

    イベントは、システムがログインを更新したときに送信されます。

    • IsRefreshRequest - ログイン更新が要求されたかどうかを示します。
    • SignInSource - サインインのエントリ ポイント (Skype アプリが開始されたなど) について説明します。
    • WamCorrelationId - この識別子を使用すると、イベントをグループ化できます。 自動サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。
    sisu_auto_signin(WAMTokenRetrievalFailure)

    イベントは、システムがログインの更新に失敗したときに送信されます。

    • ErrorCode - エラー エラー コード。
    • ErrorMessage - エラーの詳細な説明。
    • HResult - エラーのわかりやすい名前で、関連するコードを参照できます。
    • IsRefreshRequest - ログイン更新が要求されたかどうかを示します。
    • SignInSource - サインインのエントリ ポイント (Skype アプリが開始されたなど) について説明します。
    • WamCorrelationId - この識別子を使用すると、イベントをグループ化できます。 自動サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。
    sisu_auth_background_refresh

    自動ログイン更新に関連するイベントのバンドル。 自動ログイン更新フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_auth_background_refresh イベントの一般的な属性。

    sisu_auth_background_refresh(RefreshScheduled)

    イベントは、自動ログイン更新がスケジュールされたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_auth_background_refresh(UpdateTriggered)

    イベントは、自動ログイン更新が実行されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_auth_background_refresh(HasValidToken)

    イベントは、システムが現在のログインがまだ有効であると判断したときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_login_logout

    ログアウト フローを通過するユーザーに関連するイベントのバンドル。 ログアウト フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_login_logout イベントの一般的な属性。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_login_logout(RedirectToLogin)

    イベントは、ログアウトが成功した後に送信されます。

    • 理由 - ログアウトが開始された場所と場所について説明します。
    • ErrorCode - エラー エラー コード。
    • TimeSinceLastRefresh - システム ログインが更新された正確な時刻。
    • ErrorCorrelationId - この識別子を使用すると、イベントをグループ化できます。 ログアウト フローの正常性を測定するために収集されます。
    sisu_login_logout(StartupError)

    イベントは、アプリケーションの起動時にユーザーがログアウトしたときに送信されます。

    • Error - 関連するコードを参照できるエラーのわかりやすい名前。
    sisu_login_logout(ログアウト)

    イベントは、ユーザーがログアウトを開始した後に送信されます。

    • 理由 - ログアウトが開始された場所と場所について説明します。
    • IsSaveCredentials - ユーザーがアカウントを記憶するように選択した場合。 ワンクリック サインイン フローの正常性を測定するために収集されます。
    sisu_login_logout(KeychainFailure)

    このイベントは、アプリケーションがシステム パスワード マネージャーから情報を取得できないため、ユーザーがログアウトしたときに送信されます。

    • エラー - エラーの詳細な説明。
    • FailureType - エラーのわかりやすい名前で、関連するコードを参照できます。
    • TokenType - ログアウト フローに関係するシステムについて説明します。
    sisu_login_logout(TokenIssue)

    イベントは、システム ログインが破損し、形式が正しくない場合に送信されます。 ログアウト フローの正常性を測定するために収集されます。

    • TokenType - ログアウト フローに関係するシステムについて説明します。
    • TokenIssueType - ログインに関する問題の詳細な説明。
    • ソース - ログインに関連するシステムについて説明します。
    sisu_phone_verification

    Skype の Microsoft アカウントの電話番号と電子メールの確認フローに関連するイベントのバンドル。 電話番号と電子メール フローにより、ユーザー アカウントのセキュリティが強化されています。 電話番号と電子メールの確認フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_phone_verification イベントの一般的な属性。

    • ステージ - 電話番号または電子メールの確認の中間状態の名前。
    • エラー - 電話番号または電子メールの確認中に発生する可能性があるエラーについて説明します。
    sisu_phone_verification(UIStart)

    このイベントは、電話番号または電子メール確認ポップアップが表示されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaPhoneAccrualStart)

    このイベントは、ポップアップの電話番号確認フローが開始されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaPhoneAccrualVerified)

    このイベントは、ポップアップで電話番号が正常に確認されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaPhoneAccrualRegistered)

    イベントは、検証済みの電話番号がログイン システムによって正常に登録されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaEmailAccrualVerified)

    イベントは、電子メールがポップアップで正常に確認されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaEmailAccrualRegistered)

    イベントは、検証済みの電子メールがログイン システムによって正常に登録されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaPhoneAccrualCancelled)

    このイベントは、ユーザーが電話番号確認フローを中止したときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_phone_verification(MsaPhoneAccrualError)

    このイベントは、電話番号の確認フロー中にエラーが発生したときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_qso

    クイック サインオン (QSO) フローを通過するユーザーに関連するイベントのバンドル。 QSO を使用すると、ユーザーは "アカウントを記憶する" オプションを使用してアプリケーションからサインアウトできます。 これにより、ユーザーはシングル クリックで Skype にサインインし直すことができます。 QSO フローの正常性を測定するために収集されます。

    sisu_qso イベントの一般的な属性。

    sisu_qso(開始)

    このイベントは、ユーザーが QSO フローを開始したときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_qso(AutoRefreshed)

    イベントは、システムがログインを正常に更新したときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_qso(中断)

    このイベントは、エラーによって QSO が中断されたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_qso(SignedIn)

    イベントは、ユーザーが正常にサインインしたときに送信されます。

    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_qso(AccountListFetched)

    このイベントは、デバイス上の QSO フローで使用できるユーザー アカウントの一覧をシステムがフェッチしたときに送信されます。

    • AccountListSize - QSO で使用できるアカウントの数。
    • アクション - イベントをグループ化し、特定のステージの正常性を測定できるように、正確なイベントを指定します。
    sisu_guest_meetnow

    会話を作成するためのゲスト ユーザーの機能を追跡するイベントのバンドル。

    • SisuPageName - 会話の作成が開始されたアプリケーション内の場所。
    • IsPresentedAsMainCTAButton - ゲスト会話の作成がプライマリ アクションとして表示されるかどうかを示します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_qr_sign_in

    QR サインインが機能していることを確認するために監視されます。

    sisu_msa_qr_sign_in イベントの一般的な属性。

    • Action - 追跡するアクションの名前。
    • QrShowType - QR コードを表示するフローが異なります。このフローは、使用されたフローを追跡します。
    • ErrorType - QR コードサインインプロセス中にユーザーが発生したエラーの種類。
    • ErrorStatus - QR コード サインイン プロセスで失敗した認証の状態を要求します。
    • IsFirstTimeSignIn - このユーザーが初めて Skype にサインインすると、Skype フェデレーション プロファイルが作成されます。 ユーザーの例として、Skype 検索ディレクトリを使用して見つけることができます。
    sisu_msa_qr_sign_in(QrSignInSuccessful)

    QR コード サインインの正常性を監視する目的で、成功した QR サインイン プロセスを追跡します。

    • Action - QR サインイン アクションのベース。
    sisu_msa_qr_sign_in(QrSignInTokenExchangeFailed)

    QR コード サインインの正常性を監視するために、失敗した QR サインイン プロセスを追跡します。

    • Action - QR サインイン アクションのベース。
    sisu_msa_qr_sign_in(QrSignInQrCodeRenderedSuccessfully)

    QR コード サインインの正常性を監視する目的で、正常な QR コード レンダリングを追跡します。

    • Action - QR サインイン アクションのベース。
    sisu_msa_qr_sign_in(QrSignInQrCodeRenderFailed)

    QR コード サインインの正常性を監視するために、Web クライアントで失敗した QR コードレンダリングを追跡します。

    • Action - QR サインイン アクションのベース。
    sisu_msa_qr_sign_in(QrSignInNotAvailable)

    QR コード サインインを使用できない場合のシナリオを追跡します。

    • Action - QR サインイン アクションのベース。

    必要なサービス データ イベントの例。

    calling_call

    ユーザーが通話に応答したときに収集され、シナリオの正常性と信頼性を追跡するのに役立ちます。

    • CallingStack - さまざまなテクノロジのパフォーマンスを評価するために呼び出しに使用されるテクノロジを示します。
    • IsMeetNow - この呼び出しが "Meet Now" 呼び出しであるかどうかを示します。
    • IsGroupCall - この呼び出しがグループ呼び出しであるかどうかを示します。
    • IsPSTNCall - この呼び出しが PSTN 通話であるかどうかを示します。
    • IsCallCreator - このユーザーがこの呼び出しを開始したかどうかを示します。
    • IsTranslatedCall - この呼び出しがSkype 翻訳 サービスによって変換されているかどうかを示します。
    • StartCaptioningCount - 呼び出しごとのユーザーによる開始呼び出しのキャプションの試行回数。
    • StopCaptioningCount - 呼び出しごとのユーザーによる停止呼び出しキャプションの試行回数。
    • StartPstnTranslationAttemptCount - 通話の変換が機能していることを確認するために収集された呼び出しごとのユーザーによる PSTN 通話変換の開始回数。
    • DidReceiveCaptions - キャプションが受信されたかどうかを示し、キャプションと翻訳サービスの正常性と信頼性を測定するのに役立ちます。
    • FirstCaptionReceivedLengthSeconds - キャプション セッションの開始から最初のキャプションの受信までの時間を示します。
    • FailedCaptioningConfigCount - 現在の呼び出し中にキャプション サービスが失敗した回数。
    • ReceiverSetupCount - キャプション サービスがレシーバーのセットアップを設定する回数。
    • ConversationId - この呼び出しがアタッチされている会話の一意の ID。
    • StartVideoCount - 現在の呼び出し中にビデオ ストリームが開始された回数。
    • StartScreenSharingCount - 現在の呼び出し中に画面共有が開始された回数。
    • StopScreenSharingCount - 現在の呼び出し中に画面共有が停止された回数。
    • StartSoundSharingCount - 現在の呼び出し中にサウンド共有が開始された回数。
    • CancelScreenSharingCount - 現在の呼び出し中に画面共有が取り消された回数。
    • ScreenSharingDroppedCount - エラーが原因で、現在の呼び出し中に画面共有が取り消された回数。
    • StartRecordingCount - 現在の呼び出し中に通話記録が開始された回数。
    • StopRecordingCount - 現在の呼び出し中に通話記録が停止された回数。
    • StartNdiCount - 現在の呼び出し中に NDI が開始された回数。
    • StopNdiCount - 現在の呼び出し中に NDI が停止した回数。
    • MaxConnectedParticipants - 現在の呼び出し中に NDI が停止した回数。
    • ToggleVideoSuccessfulCount - 現在の通話中にビデオ カメラがオンまたはオフに切り替えられた回数。
    • StartBackgroundBlurCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド ぼかしが有効になった回数。
    • StopBackgroundBlurCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド ぼかしが無効になった回数。
    • StartBackgroundEffectBlurCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド ぼかしが有効になった回数。
    • StopBackgroundEffectBlurCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド ぼかしが無効になった回数。
    • StartBackgroundEffectImageCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド置換が有効になった回数。
    • StopBackgroundEffectImageCount - 現在の呼び出し中にバックグラウンド置換が無効になった回数。
    • BingBackgroundEffectCaptionClickCount - ユーザーが現在の呼び出し中にBing背景情報キャプションをクリックした回数。
    • ScreenShareControlSentControlRequestCount - 現在の呼び出し中に送信された画面共有を制御するための要求の数。
    • ScreenShareControlRequestAcceptedCount - 現在の呼び出し中に受け入れられた画面共有を制御するための要求の数。
    • ScreenShareControlRequestDeniedCount - 現在の呼び出し中に拒否された画面共有を制御するための要求の数。
    • ScreenShareControlGrantedCount - 現在の呼び出し中に付与された画面共有を制御するための要求の数。
    • HadNewCallStageEnabled - 呼び出しで新しいステージが使用されたかどうかを示します。 パフォーマンスの追跡に使用されます。
    • HadOldCallStageEnabled - 呼び出しで古いステージが使用されたかどうかを示します。 パフォーマンスの追跡に使用されます。
    • AverageCallingStoreUpdateTime - 呼び出し元ストアの更新時間の平均期間。 パフォーマンスの追跡に使用されます。
    • ソース - (クライアントの外部で) converstaion が作成された場所を表示します。これは、パートナーフローのパフォーマンスを追跡するのに役立ちます。
    • ZoomedInCount - 現在の呼び出し中に画面共有のズームインが使用された回数。
    • ZoomedInDuration - 現在の呼び出し中に画面共有ズームが使用された期間。
    • ZoomedOutCount - 現在の呼び出し中に画面共有の縮小が使用された回数。
    • ZoomDragUsed - 現在の呼び出し中に使用された画面共有のドラッグを拡大しました。
    • ZoomUIControlsUsedCount - 呼び出し中に画面共有ズーム コントロールが使用された回数。
    • ZoomScrollWheelUsedCount - 呼び出し中にマウス ホイールを使用して画面共有ズームを制御した回数。
    • ZoomKeyboardUsedCount - 通話中に画面共有ズームを制御するためにキーボードが使用された回数。
    • ZoomTrackPadUsedCount - 呼び出し中に画面共有のズームを制御するためにトラック パッドが使用された回数。
    • ShowShareTwinCamConnectionCount - Share QR コードが表示された回数。
    • TwinCamConnectionUsedCount - TwinCam が呼び出しに接続された回数。
    • TwinCamConnectionFailedCount - TwinCam が呼び出しに接続できなかった回数。
    • StopTwinCamCount - [TwinCam の停止] ボタンが押された回数。
    • AbleToStartTwinCam - TwinCam を追加する可能性があった回数。
    • CallManagerUsed - 現在の呼び出し中に使用された呼び出しマネージャーでした。
    • IsIgnoringBatteryOptimizations - Android デバイス上の Skype でバッテリの最適化設定が無視されるかどうかを示します。 通話通知の問題を軽減するために使用されます。
    • CaptionsPositionModeChangeCount - キャプション ビューが変更された回数。
    • LastCaptionsPositionMode - ユーザーが使用した最後のキャプションビュー。
    • CaptionsStartingMessageClickedCount - キャプションの開始メッセージがクリックされた回数。
    • CallId - この呼び出しを Skype システム内で一意に識別する ID。
    • CallDurationSeconds - この呼び出しの継続時間を秒単位で測定します。
    • ParticipantId - この呼び出しでこのユーザーを一意に識別する ID。
    • ToggleCameraCount - この呼び出し中にカメラがオンまたはオフになった回数。
    • LocalMuteCount - この呼び出し中にマイクがオフになった回数。
    • LocalUnmuteCount - この呼び出し中にマイクがオンになった回数。
    • 配信元 - この呼び出しが開始された Skype クライアント内の場所を指定します。
    • CallConversationMriNamespace - この呼び出しがアタッチされているカバーの種類を指定します。 たとえば、別の SKype ユーザーとのプライベート チャット、グループ通話、Teams ユーザーとの会話などです。
    • CallConnectionDurationMilliseconds - 現在の呼び出しの接続にかかった時間 (ミリ秒単位)。
    messaging_sms

    One Way SMS 機能を追跡するイベント。 One Way SMS 機能のエラーを追跡するために使用されます。

    • Action - 一方向 SMS 機能に関連するアクション (例: Sms 配信に失敗しました)。
    • ClientMessageId - エラーが発生したメッセージ ID。
    • ErrorCategory - エラーが発生したカテゴリ。
    • 状態 - エラーが発生したエラー コード。

    次のイベントは、インストールされているデスクトップ クライアントからのみ送信されます。

    すべてのイベントに共通の属性。

    • Platform_Uiversion - Skype のバージョン番号と組み合わされたプラットフォーム ID。 プラットフォームとバージョンのピボットに基づいてデータを分類できます。
    • Platform_Id - プラットフォームの種類の数値 ID (1418 - Web、1419 - Android など)。 プラットフォーム ID に基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.Locale - ユーザーがオペレーティング システムまたはデバイスの表示ロケールを構成しました。 オペレーティング システム/デバイスのロケールに関連する問題を認識できます。
    • UserInfo.Locale - Skype 表示ロケール。 表示ロケールに関連する問題を認識できます。
    • AppInfo.Version - テレメトリを特定の Skype バージョンに関連付けるために使用されます。 これは、バージョンの正常性を確立するのに役立ちます。
    • AppInfo.Language - Skype 表示言語。 表示言語に関連する問題を認識できます。
    • UserInfo.Language - ユーザーがオペレーティング システムまたはデバイスの表示言語を構成しました。 オペレーティング システム/デバイス言語に関連する問題を認識できます。
    • UserInfo.TimeZone - ユーザーが構成したタイム ゾーン。
    • UserInfo.Id - 匿名化 (ハッシュ) された一意のユーザー ID。 ユーザーの影響と Skype の使用状況の統計情報に基づいて、コア正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.OsName - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    • DeviceInfo.OsVersion - オペレーティング システムのバージョン。 オペレーティング システムのバージョンに関連する問題を認識できます。
    • DeviceInfo.Id - 特定のデバイスを一意に識別する ID。 さまざまなことの影響について理解を深めることができます。 たとえば、一部の問題が 1 つまたは複数のデバイスのみに影響している場合です。
    • DeviceInfo.BrowserName - ブラウザー名 (Edge、Chrome、...)。Web ブラウザーに基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.BrowserVersion - ブラウザーのバージョン。 Web ブラウザーのバージョンに基づいて正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo.OsBuild - オペレーティング システムのビルド番号。 オペレーティング システムのビルド関連の問題を認識できます。
    • EventInfo.Name - このテレメトリ イベントの名前。
    • EventInfo.SdkVersion - SDK バージョンのテレメトリ管理システム (ARIA)。
    • EventInfo.Source - コード内のインストルメンテーション ポイントを識別するために使用される、ライブラリやコンポーネントなどのクライアント固有のサブコンポーネント名。
    • EventInfo.Time - このイベントが発生したクライアントの UTC 時刻。

    必要なイベント。

    client_startup

    品質測定に使用される Windows、Macintosh、Linux でのスタートアップ パフォーマンスの測定。

    • startup_time - デスクトップ クライアントの起動時間。 パフォーマンス正常性メトリックを確立できます。
    • DeviceInfo_OsVersion - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    client_cert_selection

    サービスでクライアント証明書認証が必要な場合に送信されます。 アプリケーション認証手順のヒートを測定するために収集されます。

    • endpoint_origin - クライアント証明書認証を要求したエンドポイントの配信元。
    • DeviceInfo_OsVersion - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    restart_for_update

    更新プロセスを実行するために、オペレーティング システムを再起動する必要があるタイミングを追跡します。 更新プロセスに関する問題を特定できます。

    • DeviceInfo_OsVersion - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    renderer_crashed

    正常性メトリックに使用される Windows、Macintosh、または Linux でレンダラーがクラッシュしたときに送信されます。

    • CrashType - クラッシュの種類 (プロセスが応答しない、プロセスが予期せず消えるなど)。
    • 理由 - クラッシュの理由 (メモリ不足、強制終了、起動失敗など)。
    • CallStatus - クラッシュ前の呼び出しの状態 (呼び出し中や呼び出し直後など)。
    • DeviceInfo_OsVersion - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    main_crashed

    正常性メトリックに使用される Windows、Macintosh、または Linux でメイン プロセスがクラッシュしたときに送信されます。

    • CrashType - クラッシュの種類 (例外の発生やネイティブ クラッシュなど)。
    • DeviceInfo_OsVersion - オペレーティング システム名。 オペレーティング システムに関連する問題を認識できます。
    機械翻訳

    重要! この記事は、人間の翻訳者ではなく機械翻訳を使用して翻訳されています。 この記事の詳細へ。 Skype はヘルプに機械翻訳を使用しており、サポート記事は多くの言語で利用可能です。 これらの機械翻訳された記事には文法上の誤り、誤った構文、また単語の誤用が含まれている可能性があります。 Skypeは、誤翻訳されたコンテンツによって、またはお客様がこのコンテンツを使用した結果として生じた不正確、エラー、または損害について責任を負いません。
     ,

    この記事は、選択したプラットフォームでは利用できません。 FA34939