ヘルプ Windows Desktop

音声メッセージで問題が生じます。

音声メッセージは無料のSkype機能で、アカウントから簡単に有効にすることができます。 また、Skype番号(オンライン番号)や実質無制限の月額プランを購入すると、音声メッセージが自動的に有効になります。

音声メッセージの設定方法がわからない場合は、 こちらのガイドをご覧ください。

音声メッセージで問題が生じる場合は、次の表で解決方法をご覧ください。

エラー 解決策
音声メッセージを有効にしましたが、有効になっていません。

アカウントにサインインして、機能を管理セクションで「音声メッセージ」をクリックします。 ステータスが「有効」になっている必要があります。

音声メッセージが有効になっていない場合は、Skypeからいったんサインアウトして、もう一度サインインしてください。 メニューバーで、「Skype」 > 「サインアウト」(Macの場合は「ファイル」 > 「サインアウト」)をクリックし、次にSkype名とパスワードを使ってもう一度サインインします。 これで音声メッセージが有効になり、設定できるようになります。
 

別のコンピュータでSkypeにサインインして音声メッセージを聞いたら、前に聞いたメッセージがなくなっていました。

メッセージは、再生されると同時に、Skypeのサーバからお客さまのコンピュータに転送され、ローカル*に保存されます。 このため、別のコンピュータでSkypeにサインインして、メッセージを聞くことはできません。

*Skype for Windowsデスクトップ:音声メッセージはC:/Documents and Settings/username/Application Data/SkypeName/voicemailに.DATファイルとして保存されます。

*Skype for Mac OS X:音声メッセージはLibrary > Application Support > Skype > Skype_username > Voicemailに.DATファイルとして保存されます。
 

まだ聞いていないメッセージが消えてしまいました。

お客さまがお聞きになっていない音声メッセージは、Skypeのサーバに60日間保存された後、削除されます。

 

この記事は役に立ちましたか?

はい。 いいえ。

本日、サポートがお役に立てなかった理由を教えてください

重要 : 上のフィールドには、お客様のSkype名、メールアドレス、Microsoftアカウント、パスワード、実名、電話番号などの個人情報を入力しないでください。

コミュニティに質問

Skype コミュニティで、「音声メッセージ」についての話題をチェックしましょう。

会話に参加する

ヘルプをご希望ですか? サポート チームにお問い合わせください。 今すぐチェック